釣行記・駄文

日時

4月23日(日) 5:45~11:00 月齢:26.0 中潮 [ 5:03 127cm ↓ 11:05 55cm ↑17:00 114cm ↓ 23:14 37cm ]

釣果

チヌ31~34cm 計2枚

エサ盗り

フグ?

釣り方

大津川尻概略図ゼロさん、Konさんむろちゃんが永釣同志会として銀狼カップ兵庫大会に出場され、むろちゃんが見事にブロック大会に進出されました。

おめでとうございます。

そんな熱戦が繰り広げられている同日同時刻、淡路島を望みながら「あの向こうで大会やってるんだな~」などと思いつつ定位置に到着すると・・・T野さんが先に竿を出されていました。

「オハヨウゴザイマス」

遠矢チヌスペシャルコマセ配合 : オキアミ1.5kg / アミエビ 0.9kg / 生さなぎ黒鯛 0.5袋 / チヌベスト白 0.5袋

今回もみりん&砂糖漬け、ボイルを用意します。準備に15分ほど余計な時間がかかりますが、結構釣れる感じがありますので手抜きはできませんね。

サシエ : 生L(みりん&砂糖&ハイミー漬け、にんにくパウダーまぶし、イエロー爆釣液漬け、無加工)、ボイルL、コーン

タックル : 銀狼王牙メタルチューン 0号-52 / 11インパルト競技LB / シーガーフロロマイスター 1.5号 / 遠矢チヌスペシャル400-8 3B / スイベル8号 / 5B / シーガー 1号 2m / D-MAX銀狼チヌSS2号 4ヒロからスタート。

静かなスタートです。

何やら小魚は居ますがオキアミには反応せず、ボラも見当たらないですね。

潮の滑りもなかなか激しく、今回もフロロカーボン道糸のメリットが出ています。滑ってはいるものの、沈めてさえしまえば道糸がシーアンカーとなって仕掛けを正しい流れに引っ張り込み、上潮とは逆の方向へウキは流れていきます。

そんな風に仕掛けはうまく落ち着いてはいても、お魚さんからの反応は乏しいです。経験上、何度か潮が止まるか緩くなるタイミングが有るはずなので、ソレを待って黙々と打ち返し続けます。ボラは居れども撒き餌を無視しています・・・フグも出てきましたがこれも撒き餌をつつく様子がありません。

34cmのチヌ我慢のときが2時間ほど過ぎ、潮が落ち着いてくるとサシエが取られ始めます。そろそろか?と思いながら仕掛けを投入すると、馴染んですぐにウキがスッ、スッと段付きで沈む!

まずは1匹目、お腹も膨れていないチヌは34cmでした。サシエはみりん&砂糖でウキ下は底トントン、鈎は金伊勢尼7号です。フグがいるのにフグにすら突かれないサシエは如何なものかと目立つようにしてみたのが良かったのか?

この地合は1枚で終わってしまい、下り潮が早くなります。

ソレに合わせて予報とは違う北西風が吹き始め、棒ウキよりも円錐ウキが優位な条件になったと感じたので、久しぶり、小粒円錐であるグレサーキットTypeII 3Bに2B+G1で手前を静かに狙う仕掛けとします。ハリスも1.2号、鈎は白チヌ3号とワンランクアップさせます。ちなみにハリスを太くした理由はキワ狙いだから。鈎も重めにしたほうが仕掛けが安定すると考えたからです。

この頃からボラが撒き餌に反応するようになります。朝は居ても撒き餌に反応しませんでしたから何やら条件が変わってきたのでしょうか?

小さなウキに渋々になる程度の鉛、そしてフロロカーボン道糸の重さが掛かり、仕掛けは風にも流れにも負けずゆっくりと流れます。サシエもちょくちょく無くなるので、ボイルを主軸に流します。

31cmのチヌ食いが渋いのにハリスを太くして鈎も大きくし、これで食うのか?と思いつつ何度か流していると、黄色いグレサーキットが「スパッ」と海中に引き込まれます。元気なアタリを見せてくれたのは先程よりサイズダウンした31cmのチヌでした。サシエはやはりボイルでした。

その後はサシエがちょくちょく無くなるので鈎を2号まで落としてはみたものの、アタリらしい当たりが出ず、0シブでの沈めなどを試したりしましたが反応を引き出すことが出来ずにゲームセットとなりました。

まとめ

T野さん、どうもお疲れ様でした。

ボイルはエサ盗りがいなくても有効だと色んな方面から聞くので毎回持っていきたかったのですけど、コストが跳ね上がるのでなかなか使えずにいました。渡船に乗るなどここ一番の時は用意していたのですけど、T野さんにボイルの作り方を聞いてからコスト面での制約はなくなり、手間を掛ければ準備できるものとなったので非常にありがたいです。

本年の釣行回数10回、エージシュート達成まで残り28枚、打率7割です。

過去のチヌ釣り・フカセ釣り日記はこちら
チヌ釣り・磯釣り会議室はこちら


(Since:2003/07/20)

主なコンテンツ

フカセでチヌ!とは

精悍な顔つきのチヌ(クロダイ)ここではスキー中毒の部屋の管理人、小回り君のもうひとつの趣味、釣り、それもチヌ(クロダイ)のフカセ釣りを独り言のように語ります。

私はウキフカセ釣りという、小さな浮きをつけて、鈎にオキアミというエサをつけて釣る方法が最も好きです。竿とハリとエサ、そしてマキエという最も単純な構成であるゆえに、この釣りの奥は深く、そのシチュエーションに如何にすばやく対応するかがよい結果を残すための必須条件となります。つまりいろいろな条件で竿を出し、考え抜いて釣ったことが実績となり、さらに読みが的確になっていきます。

大阪湾では、そのほか、電気ウキでの夜釣り、昼間の落とし込み釣り、前打ち、そして紀州釣りと呼ばれるダンゴ釣法、シラサエビが安い関西ならではの生きたエビを撒いて釣るエビ撒き釣りがポピュラーです。

私がチヌ釣りにハマってしまったのは、中学生の頃、学校の必修クラブなるものがあり、それの釣りクラブに入ったのがそもそもの始まりです。

そこで、「夜釣りでチヌを釣りましょう!」ということでチヌを追いかけることが始まりました。

当然、釣りを始めたばかりの中学生の腕では簡単には釣れません。ここから親父をも巻き込んで、「チヌが釣りたい!」の一心で、夜釣り、筏釣りなどを経て、磯に通うようになりました。

当然素人なので釣れても木っ端グレ・・・いいサイズのグレ(メジナ)も釣れず、当然チヌもまぐれで引っかかった1匹だけ・・・大学に入ると私はバイト一色で女の子のお尻ばかり追いかけ、ほとんど一緒に釣りに行かなくなりました。

社会人になると、スキーにどっぷりハマります。ますます磯には行かなくなりました。

そんな親父もガンで亡くなり、我が家で魚釣りは全くする人が居なくなりました。

チヌさん51cm年無しところが、です・・・

ひょんなことから、会社の仲間と釣りに行く機会が増えるにつれ、消えかけていた昔の熱い血がまた煮えたぎってきました。

昔と違い、今はインターネットというすごく便利なものがあり、広い範囲の釣果もすぐに知ることが出来ます。これを活用し、再度チヌを真面目に追いかけ始めたのが2002年の夏。

昔の感覚のまま、小さい魚用の仕掛けで挑みましたが、結果はぶちぶち糸を切られる始末でした。こうなると燃えますよね。

-----

私はどうもコレクターの癖がありますので、釣具を集めることも趣味となっています。 この釣具たちの私なりの使い分けや使用感などを記していきたいと思います。 そして、それが皆様のお役にたれれば光栄です。

メニュー

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大知昭黒鯛塾

ページ上部へ