釣行記・駄文

-- 6月22日(木) --

~~ 大魔界村降臨 ~~

フィッシングエイト和泉店我が家の近くに、大魔界村ことフィッシングエイトが出来ます。

他の釣具店には大変申し訳無いのですが、やはりフィッシングエイトの品揃えは大阪一?関西一?であることは間違いないので、小物アイテムに始まり、大物も非常に目にしやすくなること請け合い。

オープンは10月頃だとのことで、今から非常に待ち遠しいです。

この情報を教えてくださった大阪湾太郎さん、どうもありがとうございました。

今から楽しみで・・・もう。

ちなみに写真はウチの山の神に頼みました。通勤路にエイト予定地が有るので・・・ありがとう。

-- 6月12日(月) --

~~ 台風シーズンでもないのに暴風雨? ~~

ご無沙汰しておりますm(_ _)m

ちょい投げ仕掛け嵐もさることながら、自分自身の体調不良と、娘のの習い事が倍増したりとかで、釣りに行けずに居ます。

嵐の原因は、まぁ、一般的には山の神のご機嫌がよろしくない、というところでしょうか?私がなにか悪いことをしたわけではなく、仕事が忙しい事により嵐が発生しております。先週は妻の誕生日でして、いろいろ考えた結果、大層喜んでくれたのでプラスポイントのはずです?

まぁ、この時期は何やっても釣れないので、小物釣りや紀州釣りの準備期間に当てています。

さて、昨日は久しぶりに竿を出せました。

黄昏娘前々から気になっていたパワーイソメとちょい投げキットを持って、水銀灯に娘と行ってきました。

投げ釣りでは誰も釣っておらず、サビキで小サバと豆アジ・・・これをみたらフカセをする気が起きませんね。

PBでしたが、娘がテトラの上で動けるようになってきたことが収穫です。もう少ししたら通常のテトラでも動けるようになるでしょう。こういうことは焦らずゆっくりと、ですよ。

そうだ、娘のライフジャケットが小さくなってきた。 今度はDのモノでもサイズが合うかな?

過去のチヌ釣り・フカセ釣り日記はこちら
チヌ釣り・磯釣り会議室はこちら


(Since:2003/07/20)

主なコンテンツ

フカセでチヌ!とは

精悍な顔つきのチヌ(クロダイ)ここではスキー中毒の部屋の管理人、小回り君のもうひとつの趣味、釣り、それもチヌ(クロダイ)のフカセ釣りを独り言のように語ります。

私はウキフカセ釣りという、小さな浮きをつけて、鈎にオキアミというエサをつけて釣る方法が最も好きです。竿とハリとエサ、そしてマキエという最も単純な構成であるゆえに、この釣りの奥は深く、そのシチュエーションに如何にすばやく対応するかがよい結果を残すための必須条件となります。つまりいろいろな条件で竿を出し、考え抜いて釣ったことが実績となり、さらに読みが的確になっていきます。

大阪湾では、そのほか、電気ウキでの夜釣り、昼間の落とし込み釣り、前打ち、そして紀州釣りと呼ばれるダンゴ釣法、シラサエビが安い関西ならではの生きたエビを撒いて釣るエビ撒き釣りがポピュラーです。

私がチヌ釣りにハマってしまったのは、中学生の頃、学校の必修クラブなるものがあり、それの釣りクラブに入ったのがそもそもの始まりです。

そこで、「夜釣りでチヌを釣りましょう!」ということでチヌを追いかけることが始まりました。

当然、釣りを始めたばかりの中学生の腕では簡単には釣れません。ここから親父をも巻き込んで、「チヌが釣りたい!」の一心で、夜釣り、筏釣りなどを経て、磯に通うようになりました。

当然素人なので釣れても木っ端グレ・・・いいサイズのグレ(メジナ)も釣れず、当然チヌもまぐれで引っかかった1匹だけ・・・大学に入ると私はバイト一色で女の子のお尻ばかり追いかけ、ほとんど一緒に釣りに行かなくなりました。

社会人になると、スキーにどっぷりハマります。ますます磯には行かなくなりました。

そんな親父もガンで亡くなり、我が家で魚釣りは全くする人が居なくなりました。

チヌさん51cm年無しところが、です・・・

ひょんなことから、会社の仲間と釣りに行く機会が増えるにつれ、消えかけていた昔の熱い血がまた煮えたぎってきました。

昔と違い、今はインターネットというすごく便利なものがあり、広い範囲の釣果もすぐに知ることが出来ます。これを活用し、再度チヌを真面目に追いかけ始めたのが2002年の夏。

昔の感覚のまま、小さい魚用の仕掛けで挑みましたが、結果はぶちぶち糸を切られる始末でした。こうなると燃えますよね。

-----

私はどうもコレクターの癖がありますので、釣具を集めることも趣味となっています。 この釣具たちの私なりの使い分けや使用感などを記していきたいと思います。 そして、それが皆様のお役にたれれば光栄です。

メニュー

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大知昭黒鯛塾

ページ上部へ