釣行記・駄文

日時

3月26日(日) 6:30~10:00 月齢:27.5 大潮 [ 6:11 127cm ↓ 12:02 44cm ↑17:58 123cm ]

釣果

チヌ 37cm 計2枚

エサ盗り

何か居る

釣り方

大津川尻概略図走り込まないといけませんね~~

先週はスキーに行っていたのですけど、娘が突然滑れるようになり、白馬岩岳と栂池のゴンドラを制覇するほどになりまして、嬉しい私は休憩もせずにひたすら滑った結果・・・筋肉痛はさほど無かったのですけど妙な疲労感が抜けず、ほぼ1週間バタンキューでした。

閑話休題。

最近は竿が重くなってきたので筋肉疲労が厳しいのですけど、今回も結構体に負担がかかる?竿、銀狼冴1号-57の入魂式です。

遠矢チヌスペシャルコマセ配合 : オキアミ1.5kg / アミエビ 0.9kg / チヌパワーダッシュ 0.5袋

アミエビとオキアミをよくこね、水無しで粉と混ぜ、ちょっとだけ水を足して超遠投仕様の撒き餌としています。目論見どおりに空中分解など全く起きませんけど、濁りが出ないですね。

サシエ : 生L(イエロー爆釣液漬け・にんにくパウダー・ハイミー・無加工)、食い渋りイエロー・コーン

タックル : 銀狼 冴 1号-57 / 11 インパルト競技LB / フロンティアディスク 1.5号 / 遠矢チヌスペシャル400-8 3B / スイベル8号 / 4B+B / シーガー 1号 2ヒロ弱 / ジークチヌ ゼロフカセ2号 3.5ヒロからスタート。

潮の色は、スケスケではありますが深みのある黒色ですので期待できそうです。

前日、ココで釣ったT野さんとhamakkoさんは早い時間から竿を曲げて居られたようなので朝から期待大、だったのですけども、現実はそうも甘くありませんね。もやっと抑えたり、コツっとしたアタリがありますけど、その後が続きません。アタリがフグっぽくなく、ハリスも若干キンクしているようにも見受けられることがあり、おそらく本命ちゃんがもぞもぞ触っているのは、と推測し、仕掛けを張って張ってを繰り返しますけど、力強い押さえ込みとなることはありませんでした。

その後、下げ潮が激流となってきたので黒魂Trump3Bに5Bぐらい乗せる仕掛けとしてみましたけど、どうもしっくりこないですね。調整で苦戦していると、激流が収まって比較的なんとかなる潮になってきましたので、また朝の仕掛けに戻します。

さて、冴1号-57ですけど、18尺を超える竿はかつて釣りを始めた頃に使っていた6.3mのチヌ竿、シマノスーパーチヌ2号、3号以来になりますね。スーパーチヌは2号でもハリス1.5号で合わせ切れを起こすような棒っ切れでしたが、これは全体でしなやかに受け止め、バランスは非常に良いと感じます。大きなバネといったらしっくり来るでしょうか?5.3mや5mよりは明らかにストロークの大きなバネのように感じられます。

しばらくすると滑りが止まり、いつ食ってもおかしくないなぁ・・・でも下げのときは何故か食わないんだよなぁ・・・と反芻しながら仕掛けを打ち返し続けますが、この時間帯はサシエを掠め取られることもなく、我慢の釣りとなります。

銀狼冴1号-57加えて本日は姪っ子が遊びに来ている関係で、お昼にBBQをすることとなっており、火おこしのために10時には納竿の予定なのでだんだん焦ってきます。さらに慣れないロングロッドの所為か、はたまたハリスが長くて仕掛けのバランスがいつもと違うからか、仕掛けがよく絡むことも焦りを増長させています。

ただ、曇のはずの天気は晴れで風もなく、寒くないところは救われています。

時間も9時半を過ぎ、今日はボウズか?と覚悟し始めた頃、仕掛け投入後に残り少ない撒き餌をかき集め、ふとウキに目を戻したらウキが何処にも無い!ではないですか?

一呼吸置いてゆっくり大きく合わせると、ちゃんと魚がついています。

37cmのチヌ明らかに後手のやり取りですけど、この銀狼冴1号-57だとまったくもって余裕です。磯竿と違いチヌ竿の1号なので全然つっぱらず、変に反発力が強くないので竿を曲げたままゆっくり誘導し、手前に来たらぐいっと浮かせる余裕のパワーがあります。

ボウズ逃れの1枚は37cmのチヌでした。今回もタモ入れした後に鈎が外れていました。ウキをひったくっていった割には食いが浅いんですね。

さてと、冴の入魂も無事済み、ボウズも逃れ、とても気が楽になりました。10時まで残り少しですけど、まだ気合を入れて振り込みます。

37cmのチヌそして10時を過ぎ、バッカンに残るオキアミをかき集めて撒き切り、杓を収めてウキに目を戻すと、ウキが5cmほど抑え込まれてじっとしています。

3つ数えて合わせたら、ちゃんと乗りました。先程のチヌと似たような引き方で、検寸すると先ほどと全く同じ37cm・・・レギュラーサイズで終了となりました。

まとめ

おそらくジアイが9時半過ぎからだったのでしょうか?まだまだ釣れそうな感じはありますし、朝方のサシエを掠め取った奴らの正体を掴めたらもっと数は伸ばせたのでは?と思います。

銀狼冴1号-57ですけど、今の時期にはテトラ帯でも余裕のパワーがあります。数値ほど重くは感じませんので疲れ方もほぼ一緒ですが、仕掛けのバランスが変わるので若干戸惑いはあります。王牙藻切スペシャルはこれよりパワフルなのでこっちで正解だったと思います。これならば秋~初冬に活躍してくれること間違いなしです。

本年の釣行回数6回、エージシュート達成まで残り31枚、打率7割1分4厘です。

過去のチヌ釣り・フカセ釣り日記はこちら
チヌ釣り・磯釣り会議室はこちら


(Since:2003/07/20)

主なコンテンツ

フカセでチヌ!とは

精悍な顔つきのチヌ(クロダイ)ここではスキー中毒の部屋の管理人、小回り君のもうひとつの趣味、釣り、それもチヌ(クロダイ)のフカセ釣りを独り言のように語ります。

私はウキフカセ釣りという、小さな浮きをつけて、鈎にオキアミというエサをつけて釣る方法が最も好きです。竿とハリとエサ、そしてマキエという最も単純な構成であるゆえに、この釣りの奥は深く、そのシチュエーションに如何にすばやく対応するかがよい結果を残すための必須条件となります。つまりいろいろな条件で竿を出し、考え抜いて釣ったことが実績となり、さらに読みが的確になっていきます。

大阪湾では、そのほか、電気ウキでの夜釣り、昼間の落とし込み釣り、前打ち、そして紀州釣りと呼ばれるダンゴ釣法、シラサエビが安い関西ならではの生きたエビを撒いて釣るエビ撒き釣りがポピュラーです。

私がチヌ釣りにハマってしまったのは、中学生の頃、学校の必修クラブなるものがあり、それの釣りクラブに入ったのがそもそもの始まりです。

そこで、「夜釣りでチヌを釣りましょう!」ということでチヌを追いかけることが始まりました。

当然、釣りを始めたばかりの中学生の腕では簡単には釣れません。ここから親父をも巻き込んで、「チヌが釣りたい!」の一心で、夜釣り、筏釣りなどを経て、磯に通うようになりました。

当然素人なので釣れても木っ端グレ・・・いいサイズのグレ(メジナ)も釣れず、当然チヌもまぐれで引っかかった1匹だけ・・・大学に入ると私はバイト一色で女の子のお尻ばかり追いかけ、ほとんど一緒に釣りに行かなくなりました。

社会人になると、スキーにどっぷりハマります。ますます磯には行かなくなりました。

そんな親父もガンで亡くなり、我が家で魚釣りは全くする人が居なくなりました。

チヌさん51cm年無しところが、です・・・

ひょんなことから、会社の仲間と釣りに行く機会が増えるにつれ、消えかけていた昔の熱い血がまた煮えたぎってきました。

昔と違い、今はインターネットというすごく便利なものがあり、広い範囲の釣果もすぐに知ることが出来ます。これを活用し、再度チヌを真面目に追いかけ始めたのが2002年の夏。

昔の感覚のまま、小さい魚用の仕掛けで挑みましたが、結果はぶちぶち糸を切られる始末でした。こうなると燃えますよね。

-----

私はどうもコレクターの癖がありますので、釣具を集めることも趣味となっています。 この釣具たちの私なりの使い分けや使用感などを記していきたいと思います。 そして、それが皆様のお役にたれれば光栄です。

メニュー

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大知昭黒鯛塾

ページ上部へ