釣行記・駄文

-- 5月24日(日) --

~~ 新生活様式の始まり ~~

ゴールデンウィークが明けて1週間もすると、マスクが一枚30円ちょっとまで下がってきました。

心斎橋でマスク50枚1580円

感染者数が落ち着き、次はいつ解除かという雰囲気になったころ、電車に乗ってくる人が増え始めました。

通勤で込み合う天王寺駅

明らかに増えてきたので、ちょっと怖くなってきました。

で、16日土曜日は雨だったので、日曜日だけでとりあえず手すりのさび取りと防錆塗装を。思った以上に塗りに時間がかかったのは想定外でした。残りが3/4もあります・・・

手すりの防錆塗装

そしてさらに加速して今週。
電車に乗ってくる人はどんどん増え、マスクなしで大声で話す、くしゃみをする人が平然と乗り込んできます。

京阪プレミアムカー

京都からの帰り、休憩も取れずへとへとだったので、プレミアムな座席に座ってみました。
誰もいないか?と思ったのですが、数名いらっしゃいましたね。
夢心地の40分=500円は高いか?安いか?
同じ500円ならアーバンライナー名古屋~鶴橋のデラックスシートが超お得かな~~

デパ地下の弁当

自分では決して買わない高価なお弁当をお客さんからいただいたのでゆっくり味わいながらしばし電車の旅の雰囲気を味わいます。

ピースマスター遠投と飛攻クロダイ

この自粛期間中、エイトの500円券をみすみす捨てることができずにこれだけ買いました。むろちゃん、ソルブレじゃなくてごめん。次はソルブレ買います。

さて、今からエイトにオキアミブロック買いに行きます。
サバが沸いているらしいですが、竿を出せることに喜びを感じます。

-- 5月10日(日) --

~~ 夢の連休も過ぎにけり ~~

ちっともゴールデンな輝きを見ることもなく、大型連休が終わりました。

大阪梅田は意外と人が多り

大型連休に入ったばかりの大阪梅田です。店は全部閉まっているのになぜ人がうろうろしているのでしょうか?

大泉緑地の滑り台

娘のガス抜きのため、大泉緑地へ。

大泉緑地はゆったりしてます

とてもいい天気で本来ならもっと楽しめるのでしょうが、人が多くなり始めたタイミングで公園を後にしました。

防水塗装前

GW真っ只中は、やばくなった防水塗装を塗りなおしです。

防水塗装後

一日かけてコーキング、プライマー、上塗りと。
後日、残った部分の塗りも含め、二度塗りしました。

マスクは簡単に手に入ります

シャープのマスクは全く当たる気配がないので、ちょっと探すと通販で簡単に買えました。
これで妻も毎日新しいマスクで勤務できます。私はおさがりで一向にかまいませんので、一日一枚の消費ならば一年は持つストック量になりました。

人の乗っていない電車

GW真っ只中、5月4日に出勤したときの様子。天王寺8:30頃ですが、一つの車両に2~3人、といったところでしょうか?夜は10人ぐらい居ましたね。

普通に売っているマスク

連休明け7日、心斎橋を通るとマスクが売ってます。
会社ストック用にひと箱買いました。

オンライン学習

娘はオンライン学習のアカウントをもらってきました。が、普通のパソコンだと、漢字の書き取りなどがとても難易度が高いので、私のメインPC・・・タッチパネルで2in1タイプ・・・が娘の餌食に・・・

今、パソコンは極度な品薄なので、ひと月~ふた月待ちは当たり前です。
プログラミング用にもしかしたらこの仕様のPCが要るかな?と思ったのであえて普通のものではなくちょっと高価なものを選んでおいて正解でした。

 

さて、大阪の段階的解除はもうすぐかもしれませんね。

「釣りがしたい」とは娘の言葉ですが、私もその通りです。

もうちょっと、がんばりましょうか?

過去のチヌ釣り・フカセ釣り日記はこちら
チヌ釣り・磯釣り会議室はこちら


(Since:2003/07/20)

主なコンテンツ

フカセでチヌ!とは

精悍な顔つきのチヌ(クロダイ)ここではスキー中毒の部屋の管理人、小回り君のもうひとつの趣味、釣り、それもチヌ(クロダイ)のフカセ釣りを独り言のように語ります。

私はウキフカセ釣りという、小さな浮きをつけて、鈎にオキアミというエサをつけて釣る方法が最も好きです。竿とハリとエサ、そしてマキエという最も単純な構成であるゆえに、この釣りの奥は深く、そのシチュエーションに如何にすばやく対応するかがよい結果を残すための必須条件となります。つまりいろいろな条件で竿を出し、考え抜いて釣ったことが実績となり、さらに読みが的確になっていきます。

大阪湾では、そのほか、電気ウキでの夜釣り、昼間の落とし込み釣り、前打ち、そして紀州釣りと呼ばれるダンゴ釣法、シラサエビが安い関西ならではの生きたエビを撒いて釣るエビ撒き釣りがポピュラーです。

私がチヌ釣りにハマってしまったのは、中学生の頃、学校の必修クラブなるものがあり、それの釣りクラブに入ったのがそもそもの始まりです。

そこで、「夜釣りでチヌを釣りましょう!」ということでチヌを追いかけることが始まりました。

当然、釣りを始めたばかりの中学生の腕では簡単には釣れません。ここから親父をも巻き込んで、「チヌが釣りたい!」の一心で、夜釣り、筏釣りなどを経て、磯に通うようになりました。

当然素人なので釣れても木っ端グレ・・・いいサイズのグレ(メジナ)も釣れず、当然チヌもまぐれで引っかかった1匹だけ・・・大学に入ると私はバイト一色で女の子のお尻ばかり追いかけ、ほとんど一緒に釣りに行かなくなりました。

社会人になると、スキーにどっぷりハマります。ますます磯には行かなくなりました。

そんな親父もガンで亡くなり、我が家で魚釣りは全くする人が居なくなりました。

チヌさん51cm年無しところが、です・・・

ひょんなことから、会社の仲間と釣りに行く機会が増えるにつれ、消えかけていた昔の熱い血がまた煮えたぎってきました。

昔と違い、今はインターネットというすごく便利なものがあり、広い範囲の釣果もすぐに知ることが出来ます。これを活用し、再度チヌを真面目に追いかけ始めたのが2002年の夏。

昔の感覚のまま、小さい魚用の仕掛けで挑みましたが、結果はぶちぶち糸を切られる始末でした。こうなると燃えますよね。

-----

私はどうもコレクターの癖がありますので、釣具を集めることも趣味となっています。 この釣具たちの私なりの使い分けや使用感などを記していきたいと思います。 そして、それが皆様のお役にたれれば光栄です。

メニュー

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大知昭黒鯛塾

ページ上部へ