釣行記・駄文

日時

10月7日(日) 7:00~12:30(移動9:15~10:00)

潮まわり

月齢: 27.3 中潮 [ 5:05 72cm ↓ 11:35 39cm ↑ 17:57 161cm ↓ 23:52 73cm]

水温

23.4度 (7:00時点)

釣果

チヌ 23~25cm 2枚

エサ盗り

チャリコ、フグ、アジ、ボラ、ババタレ

釣り方

水温26.1度毎週のように台風が来ますね。

前回、竿を出した次の週は、遅い夏休みの家族旅行で大山へ行ってきました。

次の週は24号がまともに週末を襲ってきたので、雨の降っていない時間帯を狙ってシリコンコーキングで屋根の補強をしていました。

そして、今回の25号、沖縄方面は残念ながら大きな被害となってしまったようですが、関西にはあまり影響がないコースでホッとしました。流石に土曜日は風も雨も強そうだったので、天気予報とにらめっこして日曜日の釣行となります。

黒魂Bros.深戦コマセ配合 : 生1.5kg / バトルチヌS 1袋

撒き餌を変えても釣果にあまり差がないように感じられたので、またバトルチヌに戻します。表層水温は23.4度と、まともに外気温の影響を受けてますね。

サシエ : 生L、ボイルLL、砂糖&みりん締めオキアミ、コーン、食い渋りイエロー、アピールホワイト 、生ミック

タックル : トーナメントISO F1号-53 / 09トーナメントISO-Z 2500LBD / リミテッドプロ PEG5+ 0.8号 / リーダー アストロンISOプロパック 1.85号 4ヒロ / ソルブレ シルバーボム 3B / 潮受けウキゴム / トリプルエイトノットで直結 / シーガー1.2号 2ヒロ / ジークチヌ ゼロフカセ2号 ウキ下4ヒロでスタート。

ババタレとシルバーボム

釣り始めてしばらくして、もぞもぞアタリで黄色の小さいやつ。

ソルブレの桐製ウキは、操作感が非常に懐かしい、ナチュラルな動きです。キザクラや釣研のケミカルウキに慣れると、非常に素直な感じがします。

しかしその後はまたしてもフグ地獄に。

この場所は、この時期は私以外が釣っている気配がなく、最初の1時間はオキアミが返品されるような状況なのに、ある時を境にフグのスイッチが入り、何を付けてもどこに投げてもどんなタナでもフグの餌食になります。

伊勢尼9号がかじられてなくなったときは流石に戦意喪失しましたね。

23cmのチヌ

唯一、まともなアタリは、23cmですがなんとかチヌと呼ばせてください。

2時間ほど頑張りましたが、毎回鈎が無くなるので流石に限界を感じ、また前回と同じ場所に移動です。

途中、龍野さんの釣果を見るとすでに15枚ぐらい、最長40cmでババタレを含めたらほぼ入れ食いのような状況です。なんと台風通過中の昨日も釣っていたそうで・・・よく飛ばされませんでしたね。

横で釣らせてもらっても良かったのですが、タモの柄が短いのと高所のため足がすくんで動けないので一段低い釣り場を選択します。

パラパラと撒き餌を撒き、撒き餌が効き始めるとアジ、フグとババタレが顔を出します。

プログレスで底まで送り込んでみましたが、そういう釣り方の釣り場ではない感じがしたので、また3Bウキに3Bのガン玉の仕掛けに戻します。

ババタレ

ここは底までサシエが保つので、練り餌3種を主軸にボイルを混ぜます。コーンは相変わらず何も触ってこないのでローテーションから外します。

それにしても、暑い。

季節外れの真夏日を思わせる日差しで、ライフジャケットの内側はサウナのよう・・・

テトラではないので、階段に腰を下ろしてマッタリとその時を待ちます。背後の龍野さんは、相変わらず竿を曲げ続けていますね。

そして、撒き餌と集中力が切れかけた納竿直前、本日最大(涙)の25cmで終了となりました。

25cmのチヌ

まとめ

龍野さん、3連投お疲れ様でした。

龍野さんは26枚、ワシ・・・2枚。大会などに出る前に、まずは超えなきゃならない人がいます。直接レクチャーしてもらったので、次はそれを実践してみます。

本年の釣行回数18回、エージシュート達成まで残り19枚、打率6割1分1厘です。

過去のチヌ釣り・フカセ釣り日記はこちら
チヌ釣り・磯釣り会議室はこちら


(Since:2003/07/20)

主なコンテンツ

フカセでチヌ!とは

精悍な顔つきのチヌ(クロダイ)ここではスキー中毒の部屋の管理人、小回り君のもうひとつの趣味、釣り、それもチヌ(クロダイ)のフカセ釣りを独り言のように語ります。

私はウキフカセ釣りという、小さな浮きをつけて、鈎にオキアミというエサをつけて釣る方法が最も好きです。竿とハリとエサ、そしてマキエという最も単純な構成であるゆえに、この釣りの奥は深く、そのシチュエーションに如何にすばやく対応するかがよい結果を残すための必須条件となります。つまりいろいろな条件で竿を出し、考え抜いて釣ったことが実績となり、さらに読みが的確になっていきます。

大阪湾では、そのほか、電気ウキでの夜釣り、昼間の落とし込み釣り、前打ち、そして紀州釣りと呼ばれるダンゴ釣法、シラサエビが安い関西ならではの生きたエビを撒いて釣るエビ撒き釣りがポピュラーです。

私がチヌ釣りにハマってしまったのは、中学生の頃、学校の必修クラブなるものがあり、それの釣りクラブに入ったのがそもそもの始まりです。

そこで、「夜釣りでチヌを釣りましょう!」ということでチヌを追いかけることが始まりました。

当然、釣りを始めたばかりの中学生の腕では簡単には釣れません。ここから親父をも巻き込んで、「チヌが釣りたい!」の一心で、夜釣り、筏釣りなどを経て、磯に通うようになりました。

当然素人なので釣れても木っ端グレ・・・いいサイズのグレ(メジナ)も釣れず、当然チヌもまぐれで引っかかった1匹だけ・・・大学に入ると私はバイト一色で女の子のお尻ばかり追いかけ、ほとんど一緒に釣りに行かなくなりました。

社会人になると、スキーにどっぷりハマります。ますます磯には行かなくなりました。

そんな親父もガンで亡くなり、我が家で魚釣りは全くする人が居なくなりました。

チヌさん51cm年無しところが、です・・・

ひょんなことから、会社の仲間と釣りに行く機会が増えるにつれ、消えかけていた昔の熱い血がまた煮えたぎってきました。

昔と違い、今はインターネットというすごく便利なものがあり、広い範囲の釣果もすぐに知ることが出来ます。これを活用し、再度チヌを真面目に追いかけ始めたのが2002年の夏。

昔の感覚のまま、小さい魚用の仕掛けで挑みましたが、結果はぶちぶち糸を切られる始末でした。こうなると燃えますよね。

-----

私はどうもコレクターの癖がありますので、釣具を集めることも趣味となっています。 この釣具たちの私なりの使い分けや使用感などを記していきたいと思います。 そして、それが皆様のお役にたれれば光栄です。

メニュー

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大知昭黒鯛塾

ページ上部へ