釣行記・駄文

日時

11月27日(日) 7:00~10:00

潮まわり

月齢 : 4.1 中潮 [ 2:53 -9cm ↓ 9:50 154cm ↑ 14:52 112cm ↓ 20:06 147cm ]

水温

18.6度(6:40)

釣果

ボウズ

エサ盗り

フグ、チャリコ、コッパ、オヤビッチャ、オセン

釣り方・雑感

新しいポイントのほうが釣れるような気はしているのですが、今までの定位置も気になるので4か月ぶりに来てみました。

大津川尻

さすが外海に向いているだけあって、ルアーマンがたくさんいますが、餌釣りの人は皆無です。これは嫌な予感しかないですね。

水温は18.6度

水温は順調に下がって18.6度。グレならベストの温度に近づきつつありますが、果たして?

コマセ配合 : オキアミ1.5kg、生さなぎ黒鯛 0.5袋 、ヌカ4L、砂0.6L

サシエ : 生L、コーン、粒さなぎ

オレガ一徹KS-VとD-Sense

タックル : オレガ一徹KS1.25号-52V / 15トーナメントISO 2500SH-LBD / 銀狼ライン 1.5号 / D-SENSE 0 / スイベル10号 / シーガー 1.5号 2m / 丸呑みチヌ2号 ウキ下1.5ヒロでスタート。

水温の高い時期の朝イチは浅めから攻めてみることにしましたが、潮がほとんど動いていない為か、フグをはじめエサ取りが撒き餌を打っていないところまで散ってしまってどこに仕掛けを入れても一ヒロでフグが釣れてしまいます。潮が明確に動けばチヌも動くのでしょうけど、見えるエサ取りはオヤビッチャ、オセン、グレ、フグと、さらにこれらを蹴散らすボラが居ないのでお手上げです。

我慢の釣りを続け、9時過ぎに満潮潮どまりを迎える頃に残していた撒き餌を大量に撒き、さらにさなぎを4匹縫い刺しなどにしてみたら、漸くサシエが底まで残るようになりましたが、数投分しか撒き餌が持たず、結局フグ以外の魚を釣ることが出来ませんでした。

まとめ

ここは巻き網が入るようになってから極端に釣れなくなりましたね。今日も2艘ほど偵察に来ていましたが、めぼしい反応が無かったからでしょうけど、すぐにどこかに行きました。

海藻も貝類も何もテトラに付いていないのは黒潮大蛇行のため?でしょうか?磯焼けならぬテトラ焼け状態です。エサを撒いていなければチヌがここにいる理由がないですね。

さて、潔く竿を置いてだらだら家で過ごす娘を公園に引きずり出しました。

浜寺公園

浜寺公園までは自転車で行きましたけど、結局みかん飴なんか食べさせてしまったのであまり役に立ってないかな?

本年の釣行回数30回、エイジシュートまで残り3匹、打率5割6分7厘です。

日時

11月19日(土) 6:45~11:00

潮まわり

月齢 : 24.6 若潮 [ 3:46 103cm ↓ 9:36 70cm ↑ 16:26 140cm ↓ 22:53 74cm ]

水温

19.7度(6:20)

釣果

チヌ 34~37cm 計2枚

エサ盗り

サバ、フグ、ハゼ

釣り方・雑感

先日仲間入りしたオレガ一徹1.2号-52KSのパーツ達が到着しました。

中古で買った時からトップカバーが割れていたので交換は必須、尻栓もOリングが切れてクッションゴムも固くなっていて要交換だったのでそれぞれ手に入るパーツを入手しました。竿を洗った形跡がなくコーティング剤も車用のワックスを使っていたような感じがする仕上がりでしたので何度もお風呂で洗い、漸くワックスの機械くさい匂いが抜けてボナンザとオキアミの匂いに変わりました。

また、市販品のQTC-18には2番、3番を支えるスペーサーが無くて不安な構造だったので、自前の波濤1.25号-50純正のQTC-18Nとメガディス1.5号-50のIDTC-18を取り付けてみて、具合の良いQTC-18Nをパーツとして注文しました。尻栓は以前に交換して使っていたHZグレーダーの残骸パーツで飛燕1.2号-50用の尻栓を使っています。Oリングはダイワの磯竿共通でよく切れるのでスペアパーツがたくさん手元にあります。

オレガ一徹KS

トップカバーがQTC-18Nなのでパッと見は現行商品のように見えますよ。

さて、この週末は日曜日の天候が荒れる予報が出ていたのと、泉北環境クリーンフェスティバルに行くことになっているので土曜日釣行は確定、さらに潮が高いか動かないと全く食ってこないポイントなので潮位の低い朝方、という理由で土曜日朝釣行となりました。

青物ルアーの方より早く着こうと6時前には到着し、ゆっくりと餌を作るつもりでしたけど、釣り場には一人しかいなかったので、場所取りする必要はありませんでした。もう、青物フィーバーは終わったようで、静かな時が流れる釣り場となっています。

水温は19.6度

ライトがないと見えない時間に水温測定です。19.6度と順調に下がってようやく20度を切ったというか、まだ20度近いです。

ゴミは持ち帰りましょう

下のブラックターボプラスとチヌパワーDASHは自分のゴミですが、何故かウェットティッシュが散らばっていたので回収しました。あとで空き缶を釣りあげましたけど、それはリサイクルボックスに入れておきました。釣りあげた瞬間は、「アニメの釣りシーンでよくある奴、初めてだ」と。石や海藻、ヒトデにナマコなら普通にありますが、空き缶は本当に初めてです。

トーナメント制覇技

コマセ配合 : チヌパワーDASH 0.5袋 、ブラックターボプラス 0.5袋、オキアミ1.5kg

サシエ : 生L、エサ持ちイエロー、荒食いブラウン

D-SENSEとトーナメント制覇技

タックル : トーナメント制覇技1.2号-53 / 20インパルト2500H-LBD / 銀狼ライン 1.5号 / D-SENSE 3B / スイベル10号 / シーガー 1.2号 2ヒロ / 丸呑みチヌ2号 ウキ下3.5ヒロでスタート。

あれだけ前振りでオレガ一徹KSと言ってながら制覇技を使ってしまいました。うん、いつ使ってもまさに腕の延長、全く不安感がありませんね。

ババタレ

投入してすぐにババタレが遊びに来てくれました。

この後、ババタレとサバに鈎を飲まれ、何回鈎を結び直したことか・・・

ずっとアタリがあるのですけど、チビ助やサバに毎回鈎を飲まれていたのでウキ下を3ヒロ弱まで上げ、さらに鈎を3号にしました。これで漸く口に掛かるようになってくれましたよ。

37cmのチヌ

そして、ようやくレギュラーサイズの37cmです。

ここは流れの中ではあまり食ってこない傾向があり、根の下流側で潮がヨレるところに仕掛けが入った瞬間に食ってきました。 根に巻かれないため、掛けた瞬間に10mほど移動して、釣り人優位の位置に立ってのやり取りでした。

しばらくして、こっちは流れの中でスパッと消し込むアタリ。

34cmのチヌ

34cm・・・あまり変わらないですが贅沢は言えないです。

このまま釣れ続けると思ったので急遽竿をオレガ一徹KSにチェンジしたものの潮が止まってしまいあえなく時合が終わりました。

こうやって釣り最中に取り換えると竿の特徴がとてもよくわかります。同じ1.2号でもあまりにも操作性や感覚が違うので驚きです。トーナメント制覇技の慣れ親しんだ感覚は久しぶりに使っても全く迷いが出ないんですが、オレガ一徹KSはあまりにも違いすぎです。良いとか悪いではなく、個性が強いです。

その後はエサ取りのフグとハゼしか掛からず、またしてもオレガ一徹KSの特徴がつかめないまま納竿となりました。

まとめ

その日の夜、遠矢うきTVという遠矢国利さんのYoutubeチャンネルでライブ放送がありました。

その中でリスナーさんの質問に答えてくれていたのですけど、鈎に関する長年の疑問が解けました。

小さな鈎、グレ鈎5号が意外とチヌの口に掛かると言っていたことがあるかと思いますが、遠矢さんもハリが外れる時は大きくするのではなく、小さくするものだ、とおっしゃられていました。ようやく名の知れた人から初めてこの答えをもらえました。チヌ鈎0.5号ぐらいは使うよ、とも。

ありがとうございます、遠矢名人。これで自信をもって小鈎を使えます。

もうひとつ、秋は表面で冷やされた海水が深いところに溜まりやすいので、思い切って浅場を狙うのも有りだと。底に冷たい潮があると底を嫌うとは常々おっしゃっていましたが、これもまた理にかなったお話でした。

本年の釣行回数29回、エイジシュートまで残り3匹、打率5割8分6厘です。

日時

11月12日(土) 7:00~11:00

潮まわり

月齢 : 17.6 中潮 [ 2:51 13cm ↑ 9:36 149cm ↓ 14:41 113cm ↑ 19:49 140cm ]

水温

20.9度(6:10)

釣果

ボウズ

エサ盗り

サバ

釣り方・雑感

今日は娘のピアノの発表会があり、昼までに自宅待機が必須となっております。
前島まで行けば魚が濃いことは十分承知してますが、家から5分の釣り場は釣りが長くできるという魅力があります。

さてと、先週の前島と同じく、青物狙いの釣り人が殆ど居なくなりましたね。

釣り場が混んでいると思ってコネコネも現地で行うことで到着を早めたのですが、無駄に終わりました。最後まで釣り人は増えず、ほぼやりたい放題です。

水温は20.9度

水温は全然下がらず20.9度です。1週間前の前島より高いですね。

何故ごみを捨てる

ここはあまりごみが落ちていない場所なんですが、夜明けの時はゴミは見受けられます。当サイトをご覧の方はまずゴミの放置なんかしないと思いますが、自分のケツぐらいちゃんと拭ける大人が増えてほしいものです。

オレガ一徹KS-V

また竿が生えました。オレガ一徹KSと同じ竿のように見えるでしょうが、これは2003年発売のオレガ一徹KS-Vです。こちらはSVFカーボンでVジョイントとなり、リールシートの分だけスペック的には重くなっているのですが操作性はオレガ一徹KSより軽くなっています。

コマセ配合 : チヌパワーDASH 0.5袋 、ブラックターボプラス 0.5袋、オキアミ1.5kg

サシエ : 生L、コーン、エサ持ちイエロー、荒食いブラウン

オレガ一徹KS-Vとツインフォース

タックル : オレガ一徹KS1.25号-52V / 20インパルト2500H-LBD / 銀狼ライン 1.5号 / ツインフォース L-3B / スイベル10号 / シーガー 1.2号 2ヒロ / 丸呑みチヌ2号 ウキ下3.5ヒロでスタート。

風は背後から緩く吹いていて、どんな仕掛けでも馴染ませる事ができる状況ですので、遠矢ウキではなく円錐ウキでスタートしてみました。

潮は混み潮なのにまた右から左。同じ海岸沿いの漁港は右に行ったり左に行ったりするのですがここで右に向かう潮に出会えたことがないです。サバが掛かったりすることがありますが、ほぼオキアミがそのまま帰ってくるので練り餌を使ってみましたが、前回とは違い明確な反応は出ませんね。

ババタレ

そんな中、ウキが10cmほどシモったまま上がってこないので、巻き上げてみると付いていました。
こんなサイズのババタレが黄色と混じって食ってきたのも海面が朝日に照らされるまで。満潮9時半ぐらいなので、それまでは食ってくるとは思っていたのですが、やはりこの近辺は干潮か上げ6分ぐらいまでしか食ってこない傾向が強いと感じています。

満潮から下げに入るまで粘ってみましたが、オキアミの返品ばかり続きタイムオーバーとなりました。 本当に魚の気配が無いんですよ。

空のバッカン

見せる写真が無いので、空になったバッカンでも・・・

まとめ

少し仮眠をとり、ピアノ発表会へ。
久しぶりに観客制限のない開催です。

ピアノ発表会

娘よ、「栄光の架橋」よく頑張った。

本年の釣行回数28回、エイジシュートまで残り5匹、打率5割7分1厘です。

過去のチヌ釣り・フカセ釣り日記はこちら
チヌ釣り・磯釣り会議室はこちら


(Since:2003/07/20)

主なコンテンツ

フカセでチヌ!とは

精悍な顔つきのチヌ(クロダイ)ここではスキー中毒の部屋の管理人、小回り君のもうひとつの趣味、釣り、それもチヌ(クロダイ)のフカセ釣りを独り言のように語ります。

私はウキフカセ釣りという、小さな浮きをつけて、鈎にオキアミというエサをつけて釣る方法が最も好きです。竿とハリとエサ、そしてマキエという最も単純な構成であるゆえに、この釣りの奥は深く、そのシチュエーションに如何にすばやく対応するかがよい結果を残すための必須条件となります。つまりいろいろな条件で竿を出し、考え抜いて釣ったことが実績となり、さらに読みが的確になっていきます。

大阪湾では、そのほか、電気ウキでの夜釣り、昼間の落とし込み釣り、前打ち、そして紀州釣りと呼ばれるダンゴ釣法、シラサエビが安い関西ならではの生きたエビを撒いて釣るエビ撒き釣りがポピュラーです。

私がチヌ釣りにハマってしまったのは、中学生の頃、学校の必修クラブなるものがあり、それの釣りクラブに入ったのがそもそもの始まりです。

そこで、「夜釣りでチヌを釣りましょう!」ということでチヌを追いかけることが始まりました。

当然、釣りを始めたばかりの中学生の腕では簡単には釣れません。ここから親父をも巻き込んで、「チヌが釣りたい!」の一心で、夜釣り、筏釣りなどを経て、磯に通うようになりました。

当然素人なので釣れても木っ端グレ・・・いいサイズのグレ(メジナ)も釣れず、当然チヌもまぐれで引っかかった1匹だけ・・・大学に入ると私はバイト一色で女の子のお尻ばかり追いかけ、ほとんど一緒に釣りに行かなくなりました。

社会人になると、スキーにどっぷりハマります。ますます磯には行かなくなりました。

そんな親父もガンで亡くなり、我が家で魚釣りは全くする人が居なくなりました。

チヌさん51cm年無しところが、です・・・

ひょんなことから、会社の仲間と釣りに行く機会が増えるにつれ、消えかけていた昔の熱い血がまた煮えたぎってきました。

昔と違い、今はインターネットというすごく便利なものがあり、広い範囲の釣果もすぐに知ることが出来ます。これを活用し、再度チヌを真面目に追いかけ始めたのが2002年の夏。

昔の感覚のまま、小さい魚用の仕掛けで挑みましたが、結果はぶちぶち糸を切られる始末でした。こうなると燃えますよね。

-----

私はどうもコレクターの癖がありますので、釣具を集めることも趣味となっています。 この釣具たちの私なりの使い分けや使用感などを記していきたいと思います。 そして、それが皆様のお役にたれれば光栄です。

メニュー

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大知昭黒鯛塾

ページ上部へ