釣行記・駄文

-- 5月16日(日) --

~~ 今は我慢の時 ~~

皆様、どのようにお過ごしでしょうか?

私は、痛めていた右手薬指の装具がようやく取れ、晴れて自由の身になったばかりです。
永釣同志会では、緊急事態宣言下では釣行を自粛するようにとなっていますので、指が治っても釣りに行くことは自粛しています。

仕事柄、出勤しないでも良いと思っている方がたくさんいらっしゃるのですが、私の仕事は「リモートワークを行う環境を作る」ことや、IT機器や環境のトラブルシュートなので、まず現場ばかりです。

2021年の桜

時の流れは速く、特に4月はひどかった…

あつまれどうぶつの森

もっぱら遊びといえば「あつまれどうぶつの森」でこんなデザインを作って少しでも釣りに行った気分になってみたり・・・

足柄PAから富士山

仕事では、4月22日(木)朝6時の富士山・・・

新横浜駅電光掲示板

そして、その帰りは横浜市内のJRが止まっていたおかげでひやひやしましたが、何とか大阪に帰ることができました。東京の飯を食べたいとは思いませんが、飯抜きはいかがなものかと。新幹線の中でシュウマイ弁当とビールがこの日の唯一の楽しみでした。

高砂公園

休日は近くの公園へ、娘のガス抜きに。

この時はGWが2日しか無くなるなんて思ってもいませんでした。

翌週の29日(祝)は前乗りで川崎に入り、30日(金)は川崎の後に横浜を周り、1日(土)、2日(日)も出勤。

近くの公園

連休中は3日(月)に近場へ散歩を一度だけしました。GW中のお出かけはこれだけです。
4日(火)は出勤、5日(水)は休みでしたが雨・・・

助松の海

助松の海を見る余裕が出たのは、ようやく先週のこと。

買い物

この2か月の間に手に入れたものといえば、DC-7521 カモフラサンバイザー、DA-9321 ループ付きハンドタオル、そして去年からずっと売れ残っていた IDR-PRO2のP-01を二つ、ウキ止め糸とダイソーのエギとメタルジグぐらいです。

ストレスから銀狼王牙AGS 0.8号-50や、トーナメントISO AGS 1.2号-50を何度か触ってレジに持っていきかけたのですけど、そのたびに冷静になり、今は今秋に出るであろう新型エアエボリューションの1.2号-50を待っています。

銀狼 鋭牙もほとんどのものを触れて確認してみたのですけど、現在の手持ちタックルに加えるには必要な調子では無いと感じたので今年はパスしています。買っても使えないのでそれが一番の原因ではありますがね。

来年、追加モデルが出て面白そうだったら考えます。

あぁ、オキアミの香りが嗅ぎたい・・・

過去のチヌ釣り・フカセ釣り日記はこちら
チヌ釣り・磯釣り会議室はこちら


(Since:2003/07/20)

主なコンテンツ

フカセでチヌ!とは

精悍な顔つきのチヌ(クロダイ)ここではスキー中毒の部屋の管理人、小回り君のもうひとつの趣味、釣り、それもチヌ(クロダイ)のフカセ釣りを独り言のように語ります。

私はウキフカセ釣りという、小さな浮きをつけて、鈎にオキアミというエサをつけて釣る方法が最も好きです。竿とハリとエサ、そしてマキエという最も単純な構成であるゆえに、この釣りの奥は深く、そのシチュエーションに如何にすばやく対応するかがよい結果を残すための必須条件となります。つまりいろいろな条件で竿を出し、考え抜いて釣ったことが実績となり、さらに読みが的確になっていきます。

大阪湾では、そのほか、電気ウキでの夜釣り、昼間の落とし込み釣り、前打ち、そして紀州釣りと呼ばれるダンゴ釣法、シラサエビが安い関西ならではの生きたエビを撒いて釣るエビ撒き釣りがポピュラーです。

私がチヌ釣りにハマってしまったのは、中学生の頃、学校の必修クラブなるものがあり、それの釣りクラブに入ったのがそもそもの始まりです。

そこで、「夜釣りでチヌを釣りましょう!」ということでチヌを追いかけることが始まりました。

当然、釣りを始めたばかりの中学生の腕では簡単には釣れません。ここから親父をも巻き込んで、「チヌが釣りたい!」の一心で、夜釣り、筏釣りなどを経て、磯に通うようになりました。

当然素人なので釣れても木っ端グレ・・・いいサイズのグレ(メジナ)も釣れず、当然チヌもまぐれで引っかかった1匹だけ・・・大学に入ると私はバイト一色で女の子のお尻ばかり追いかけ、ほとんど一緒に釣りに行かなくなりました。

社会人になると、スキーにどっぷりハマります。ますます磯には行かなくなりました。

そんな親父もガンで亡くなり、我が家で魚釣りは全くする人が居なくなりました。

チヌさん51cm年無しところが、です・・・

ひょんなことから、会社の仲間と釣りに行く機会が増えるにつれ、消えかけていた昔の熱い血がまた煮えたぎってきました。

昔と違い、今はインターネットというすごく便利なものがあり、広い範囲の釣果もすぐに知ることが出来ます。これを活用し、再度チヌを真面目に追いかけ始めたのが2002年の夏。

昔の感覚のまま、小さい魚用の仕掛けで挑みましたが、結果はぶちぶち糸を切られる始末でした。こうなると燃えますよね。

-----

私はどうもコレクターの癖がありますので、釣具を集めることも趣味となっています。 この釣具たちの私なりの使い分けや使用感などを記していきたいと思います。 そして、それが皆様のお役にたれれば光栄です。

メニュー

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大知昭黒鯛塾

ページ上部へ