釣行記・駄文

日時

11月28日(日) 13:15~16:45

潮まわり

月齢 : 23.2 小潮 [ 7:21 60cm ↑ 15:36 135cm ↓ 23:03 88cm ]

水温

16.2度(13:00)

釣果

ボウズ

エサ盗り

フグ、コッパ

釣り方・雑感

先月から出張が多く、旅行も入れると1ヶ月のうち3回ほど週末を家で過ごせていません。

富士山

今回は日曜日の朝から横浜駅前での作業だったので、土曜日の昼から横浜に入り、横浜に住む弟と生まれてはじめてサシで飲みました。こういうのもいいもんですね。

そんな理由で次の休みは23日でしたが、まぁ、この日は荒れていていつもの場所もこの通り。

大荒れ

テトラの上までずぶ濡れです。

ようやく釣りに行ける天候となった日曜日、青物狙いのアングラーと絶対かぶらない真っ昼間を狙っていつもの場所へ。

穏やかな大津川尻

うん、とても穏やかで昼寝日和ですね。じつは北風が結構吹いているんですがここは北風に関しては完全フォローの無風状態で釣りができます。3枚しか服を着ていませんが暑いので一枚脱ぎました。

サシエはシーフードミックス

今回のトピックスは、サシエの冒険です。人間様が食うシーフードミックスを使ってみることにします。
予想ではオキアミよりだいぶ持つんじゃないかと・・・

水温は16.2度

水温はいい感じで下がって16.2度。そろそろエサ取りも静かになる頃合いのはず?
寒グレならベストな温度ですね。

コマセ配合 : オキアミ 0.3kg / チヌベスト 0.5袋 / トライアルのパン粉 0.5kg / クボタのヌカ 2L

サシエ : 生L、ボイルL、コーン、餌持ちイエロー、荒食いブラウン、イカ、貝柱、エビ
タックル : 銀狼冴1号-57 / 20インパルト2500H-LBD / 銀狼ライン1.5号 / ツインフォース タナ M-G2 / 潮受けウキゴム / サクサススイベル10号 / シーガー 1号 2.5ヒロ / 勝負ちぬSS1号 ウキ下3ヒロでスタート。

銀狼冴とツインフォース

自分のパイロットってBのハズなんですが、なんか特色がないのでもう一つパイロットということで二段ウキにしてみようかなと。しばらく2段ウキからスタートすることが多くなると思います。

足元テトラでは黒っぽい小さいのがウロウロしています。
尾びれが白いから多分グレでしょう。それ以外は見えないですね。

2投もしないうちに生は通らなくなったので、まずはエビから。
これはよく持ちますが、ボイルよりちょっとだけいいかな?ぐらいですね。

次はイカ、なんですが冷蔵庫で眠らせすぎてフリーズドライ状態になっており、沈まない・・・沈むところだけを切り取って使ってみましたが、ボイルより持ちが悪いかも・・・

一番柔らかいので期待の薄い貝柱は、瞬殺でした。

期待したほど餌が持たないので、練り餌も試してみたら、意外ともちがいいですね。なので、ボイル、エビ、練り餌2種類をベースに、コーンやイカ、貝柱を混ぜてやってみますが、潮が緩いときの大津川はマキエがあろうが無かろうがサシエを3回投入したらそこにフグが居着いてしまうんですよね。

なので、あっちこっちと打ち替え、遠矢ウキで遠投したり、ゼロゼロで完全フカセとか色々やってみましたが日没までチヌの気配を捉えられませんでした。

夕暮れ

まとめ

あー、撒き餌に配合を入れたらだめですね。それと、タンパク質も混ぜちゃだめ。

フグ対策にはヌカパンが一番良さそうです。

マックスの釣果情報でハゼの泳がせと黒豆で釣っている方がいらっしゃったので、次はスルルーでもしてみようかね。それとも夜釣りですかね。

際のコッパグレはずっといたので、それをパン粉とパン練で釣るのも楽しいかもしれません。

本年の釣行回数18回、エイジシュートまで残り27匹、打率6割1分1厘です。

日時

11月14日(日) 8:50~14:00

場所

久保渡船 尼崎フェニックス

潮まわり

月齢 : 9.2 長潮 [ 3:49 98cm ↓ 10:05 61cm ↑ 16:45 136cm ↓ 23:26 73cm]

水温

17.8度(9:00)

釣果

チヌ 32~45cm 計2枚

エサ盗り

フグがちらほら

釣り方・雑感

今年は例会が過去二回有ったのですがすべて都合が合わず、ようやく参加することができました。

今回は人生初、尼崎フェニックスです。

どんな釣り場なのでしょうか?ワクワクします。

集合は朝7時、出船は朝8時です。

出船前のひととき

1時間も何して待てばいいか?という考えは杞憂でした。みんなと話しているとあっという間に乗船時間となりました。

尼崎フェニックス久保渡船
撮影はhamakkoさん。ありがとうございます。

年に一度だけ渡船に乗ってますね。せめて半年に一度は乗れるようになりたいですね。

尼崎フェニックスへ

水門を越え、エンジン音が高くなり、胸も高鳴ります。

尼崎フェニックス南西向き

船着は西の角1箇所のみ。そこから歩いてポイントを探します。
選んだ場所は南西向きの中央よりやや西寄りです。並びは東からK名人、chobiさん切妻さん、私、みぞっちです。

水温は17.8度と、場所は違えど2週間前より4度も下がっています。それよりも前日からの下がり具合のほうが気になります。

コマセ配合 : オキアミ 1.1kg / チヌパワーDASH 1袋 / クボタのヌカ 4L / トライアルのパン粉 1kg / 硅砂 1L / 押し麦 200ml / 粒サナギはサシエの余り

サシエ : 生L、コーン、粒サナギ、餌持ちイエロー

VIP ISO AGS TYPE-1

タックル : VIP ISO AGS TYPE-1/ 15トーナメントISO 2500SH-LBD / 銀狼ライン1.5号 / ツインフォース タナ L-3B / 潮受け / サクサススイベル 10号 / Black Sea Bream チヌハリス パワー1.2号 2ヒロ / D-MAX銀狼チヌSS マルチ2号 ウキ下3.5ヒロでスタート。

今回の例会はクラブとしては一匹長寸勝負であり、龍野杯として33cmに最も近い人の2本立てです。

さて、この場所は全く初めてなので、K名人や切妻さん、みぞっち(Tポートのyoutubeではバタやん)にパイロット仕掛けを聞いて回りました。総合すると3B~5Bのウキでスタートするようなので、私もとりあえず3Bの2段ウキからスタートしてみました。

スタートダッシュを決めたのはK名人で、50mぐらい離れているのに合わせる音がひっきりなしに聞こえてきます。切妻さん、私はだんだん口数が少なくなってきます。後で聞くとみぞっちはK名人の方を見ないようにしていたとか・・・

K名人に遅れること1時間半、ようやく1枚・・・5Bのウキに5Bの水中ウキ仕掛けに変わっています。

32cmのチヌ

龍野杯、いただきます!の32cmですが・・・サシエはオキアミ。

このあとはK名人も含め、段々と食いが渋くなってきます。ただ、全く気配がないかというとそうでもないんです。やはり、前日までの冷え込みや雨が相当影響しているのでしょうか?

練り餌にチヌの歯型

写真がボケて見にくいですが、投入したばかりの仕掛けが何故か沈んでいったので引き上げてみると練り餌にチヌの歯型がくっきりと・・・ウキは遠矢ウキ超遠投に変わっていて、練り餌ごときの重さでは沈むはずがないですからね。

そんなこんなを繰り返し、近めを流しているとウキの目盛りがすべて浮き上がって来るアタリ?
ゆっくり引き上げてみると、食っていました。

曲がるVIP ISO AGS
撮影は切妻さん。ありがとうございます。

chobiさんが鈎ハズレを繰り返していたことから、今日は食いが浅いと考えて強引に引くことは避け、かつ底が荒いので糸は決して出さないようVIPの性能に頼って浮かせました。

45cmのチヌ

自分で測ったら47cmでしたが、検寸時には45cmに・・・縮みすぎでしょ。もしかしたら優勝もイタダキ?

この時点で残り1時間を切っています。
ここからみぞっちが怒涛の追い上げ・・・

チヌが一杯

最終、8名でこれだけのチヌを上げました。私のは手前2匹だけ・・・ゆう君とK名人の量がすごかった。

久保渡船船着

陸に戻ってきて武装解除のひととき。

表彰式

結果、みぞっち1位、K名人2位、同寸のワタシが3位となり、シマノのクーラーをいただきました。龍野杯もK名人が32.5cmで・・・5mm差で逃しました。

まとめ

切妻さん、K名人、龍野さん、chobiさん、hamakkoさん、ゆう君、みぞっち、皆様お疲れさまでした。

名人級の人たちと釣りをすることはとても勉強になります。 K名人とも何度か竿を並べたことがありますが、釣り方にブレがないと感じますね。

それはそれでいいことですが、やはり気心知れたメンバーと竿を並べることは釣れなくても楽しいものです。本当のトーナメントからしたら笑えるぐらい温いですけど、ぬるま湯の中で1位に成れなければ本当のトーナメントでも1位なんて取れませんからね。

今回並んで釣っていて感じたことが2つ。
皆さんと比べ「見切りが早い」ような気がしてきました。もうちょっと辛抱して流すことが必要なのかな?
それと、マキエにはタンパク質じゃない適度な大きさの硬い粒が必要なのかな?
これらに関しては、今後じっくり検証していきます。

本年の釣行回数17回、エイジシュートまで残り27匹、打率6割4分7厘です。

過去のチヌ釣り・フカセ釣り日記はこちら
チヌ釣り・磯釣り会議室はこちら


(Since:2003/07/20)

主なコンテンツ

フカセでチヌ!とは

精悍な顔つきのチヌ(クロダイ)ここではスキー中毒の部屋の管理人、小回り君のもうひとつの趣味、釣り、それもチヌ(クロダイ)のフカセ釣りを独り言のように語ります。

私はウキフカセ釣りという、小さな浮きをつけて、鈎にオキアミというエサをつけて釣る方法が最も好きです。竿とハリとエサ、そしてマキエという最も単純な構成であるゆえに、この釣りの奥は深く、そのシチュエーションに如何にすばやく対応するかがよい結果を残すための必須条件となります。つまりいろいろな条件で竿を出し、考え抜いて釣ったことが実績となり、さらに読みが的確になっていきます。

大阪湾では、そのほか、電気ウキでの夜釣り、昼間の落とし込み釣り、前打ち、そして紀州釣りと呼ばれるダンゴ釣法、シラサエビが安い関西ならではの生きたエビを撒いて釣るエビ撒き釣りがポピュラーです。

私がチヌ釣りにハマってしまったのは、中学生の頃、学校の必修クラブなるものがあり、それの釣りクラブに入ったのがそもそもの始まりです。

そこで、「夜釣りでチヌを釣りましょう!」ということでチヌを追いかけることが始まりました。

当然、釣りを始めたばかりの中学生の腕では簡単には釣れません。ここから親父をも巻き込んで、「チヌが釣りたい!」の一心で、夜釣り、筏釣りなどを経て、磯に通うようになりました。

当然素人なので釣れても木っ端グレ・・・いいサイズのグレ(メジナ)も釣れず、当然チヌもまぐれで引っかかった1匹だけ・・・大学に入ると私はバイト一色で女の子のお尻ばかり追いかけ、ほとんど一緒に釣りに行かなくなりました。

社会人になると、スキーにどっぷりハマります。ますます磯には行かなくなりました。

そんな親父もガンで亡くなり、我が家で魚釣りは全くする人が居なくなりました。

チヌさん51cm年無しところが、です・・・

ひょんなことから、会社の仲間と釣りに行く機会が増えるにつれ、消えかけていた昔の熱い血がまた煮えたぎってきました。

昔と違い、今はインターネットというすごく便利なものがあり、広い範囲の釣果もすぐに知ることが出来ます。これを活用し、再度チヌを真面目に追いかけ始めたのが2002年の夏。

昔の感覚のまま、小さい魚用の仕掛けで挑みましたが、結果はぶちぶち糸を切られる始末でした。こうなると燃えますよね。

-----

私はどうもコレクターの癖がありますので、釣具を集めることも趣味となっています。 この釣具たちの私なりの使い分けや使用感などを記していきたいと思います。 そして、それが皆様のお役にたれれば光栄です。

メニュー

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大知昭黒鯛塾

ページ上部へ