ダイワ HZグレーダーISO F1.2号-53

Daiwa HZ GRADER ISO F1.2-53

HZグレーダーを選んだ理由

我が家に磯に持っていく竿が1本も無い!ときに、磯釣りに行くことになり、急遽何も考えずにフィッシングオーシャンにて購入。

決め手は、持ったときに、「少し重いけどいい雰囲気してるよ、お前!」 って感じで、適合ハリスがちょうど狙い通りだった。

HZグレーダーISO F1.2号-53の仕様

調子 持ち重り係数
(kg/cm)
ベストハリス
(フロロカーボン)
ターゲット
サイズ
購入価格
(円)
8:2 超先調子 24.2 1.5~1.7号 40cm~ 25,515
Vジョイント ガイド ガイド
合わせ
リールシート
なし 1番のみUL
元ガイド足高
あり センサーハンプ
シート
全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
標準自重
(g)
先径
(m/m)
元径
(m/m)
5.25 5 115 192 0.8 23.8
錘負荷
(号)
適合ハリス
(ナイロン・号)
カーボン
含有率 (%)
メーカー希望
小売価格(円)
1~4 1.2~2.5 98 40,500

グレーダーグレーダーロゴ
ガイド

ダイワのホームページより
新感覚の穂先と持ち重り感のないシャープなキレ味を実現する新バランス設計。
高密度HVFカーボンと新採用の軽量樹脂製ULガイドの相乗効果に加え、穂先への徹底したこだわりが、穂先のシャープさとソフトさという相反する2つの領域を現実のものとし、軽量仕掛けも意のままに操れる優れた操作性とソフトな食い込みを実現。
さらに従来のG付きロッドでは考えられないほどの非常にシャープでキレの良い調子とともに持ち重り感を大幅に軽減することに成功しました。
また特に3~4番節のガイドサイズとガイド位置を理想的に配置することによりスムーズな力のヌケを実現し、取り込み時の胴ブレも最小限になりました。

釣法で選ぶFタイプ(ソリッド穂先仕様)
食い込みに優れ、軽い仕掛けの繊細な操作も自由自在のソリッド穂先仕様。繊細な仕掛けでスレた口太を狙う場合に最適。

HZグレーダーの使用感・インプレッション

黒とシルバーで地味ですが、いぶし銀という感じがしてデザインは好きです。センサーハンプシートは少しがたつきます。
尻栓も、ただのメッキプラスティックのものだったので、飛燕ブレイゾン用のゴム付きのものに交換しました。

ダイワHZグレーダーの曲がりかなりシャキッとした先調子の竿です。穂先のULガイドも有効に働いているのでしょう。穂先がもたれたりすることも無く、ブレも少ない作りになっています。
また、V-ジョイントはありませんが、さほどパワーロスは感じられません。40前後のハネ(セイゴ)なら瞬間に浮いてきますが、おそらくカーボンシートの質から来る味気なさは感じられます。
オレガ一徹と比べると、コチラのほうが号数は高いので純粋に比較できませんが、オレガ一徹は若干胴に乗りつつバッドパワーは1号より遥かにある、と言った味付けとは違い、まともに3番~5番のハリで魚を浮かせる感じです。
私が持っている竿の中で最もパワー&トルクのある竿といえます。

HZグレーダーの評価まとめ

しばらく磯から離れていて、この竿の初釣りのときに3連続バラシという前代未聞の不名誉記録を打ち立ててしまいました。 若干味気なさも感じられるグレ竿ですが、実釣では頼もしい相棒として働いてくれます2011年3月27日、タックルベリー高石店にて売却いたしました。

2012年現在、同じレベルの竿として、HZグレーダーはメガディスハイパーとなっています。

磯竿・チヌ竿メニュー

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大知昭黒鯛塾

ページ上部へ