2003年の釣果・駄文まとめ・・・チヌ 23枚

4/20 15:00~17:00 前島 ボウズ
4/26 5:00~11:00 岸和田旧一文字 4番 チヌ45cm 1枚
5/1 14:00~17:00 紀ノ川 青岸 ボウズ
5/3 6:00~11:00 紀ノ川 青岸 ボウズ
5/10 4:30~10:30 新潟 筒石漁港 ボウズ
5/17 5:00~13:00 和歌山北港魚釣り公園 2番 ボウズ
5/18 6:00~11:00 岸和田 中波止 4番 チヌ30~38cm 2枚
5/24 5:00~11:00 大引漁港 ボウズ
5/31 14:00~17:00 貝塚人工島 沖向き グレ 20~25cm 3枚
6/1 5:00~14:00 田ノ浦⇒岸和田中波止4番 ボウズ
6/7 5:00~11:00 貝塚人工島 沖向き グレ 27cm 1枚
6/21 5:00~8:30 新貝塚埠頭(ソロバン) チヌ 32~47cm 6枚
6/29 4:30~8:00 串本大島 樫野漁港 ボウズ
7/2 20:00~23:00 大津川尻 チヌ 20~28cm 3枚
7/5 15:00~19:30 新貝塚埠頭(ソロバン) チヌ 40~45cm 3枚
7/12 5:00~11:00 大津川尻 ボウズ
7/19 5:00~11:00 新貝塚埠頭(ソロバン) チヌ 27 ~ 41cm 2枚
7/21 16:00~19:00 新貝塚埠頭(ソロバン) ボウズ
7/26 15:30~20:30 貝塚人工島 沖向き ボウズ
7/27 5:00~10:00 新貝塚埠頭(ソロバン) チヌ 37cm 1枚
8/10 5:00~8:30 前島 ボウズ
8/13 5:00~9:00 岸和田 中波止 4番 チヌ 17cm~25cm 4枚
8/16 5:00~10:00 前島 内向き ボウズ
8/31 6:30~9:30 忠岡石畳 ボウズ
9/6 5:00~9:30 貝塚人工島 沖向き ボウズ
9/23 15:30~17:30 新貝塚埠頭(ソロバン) ボウズ
9/27 5:00~11:00 和田防(河内渡船店) ボウズ
10/13 14:30~17:00 新貝塚埠頭(ソロバン) キビレ 41cm 1枚
10/19 6:00~12:00 新貝塚埠頭(ソロバン) ボウズ
10/25 6:00~12:00 新貝塚埠頭(ソロバン) ボウズ
11/2 13:00~17:00 岸和田 中波止 4番 ボウズ
11/15 06:30~10:00 岸和田 中波止 4番 ボウズ
11/23 05:00~11:00 岸和田 中波止 3番(山田渡船) ボウズ
12/6 08:00~11:00 新貝塚埠頭(ソロバン) ボウズ

日時

4月26日(土) 5:00~11:00

場所

岸和田旧一文字 4番

本命

チヌ 45cm 1枚

エサ盗り

なし

釣り方

撒き餌:オキアミ3kg + スーパー1チヌ + チヌジャック

仕掛け:ブレイゾン 0.8-53 / トーナメントISO インパルト2000LB / 銀鱗00 1.8号/ドングリ 3B/トヨフロン-L ハード 1.5号/伊勢尼 7号

ゴールデンウィーク初日、岸和田一文字で連日大型チヌ爆釣との情報の元、一番船で旧一文字3番に降り立つが、人が多くてほとんど4番のところまで流れていきました。

タナ3.5ヒロにて2投目ぐらいに1枚来ましたが、それ以降はエサすら取られない・・・
周りの人が「潮が澄んでいてアカンわ!」とぼやいていました。

日時

5月18日(日) 6:00~11:00

場所

岸和田 中波止 4番

本命

チヌ 30~38cm 2枚

エサ盗り

ボラ大量

釣り方

撒き餌:オキアミ1.5kg / ヌカ

仕掛け:HX大島 1-53S-V / トーナメントZ-2500LBT /DURA HISPEED SuperWhite 2号 / ドングリ 3B /シーガーエース 1.2号 / 伊勢尼 6号

岸和田中波止4番のチヌついに痺れを切らせ、そろそろ地寄りでも食うだろうと予測の元、行ってみました。

タナ3.5ヒロで釣り始めるけど、潮の動きがほとんど無いのでウキはじっとしています。
そこで馴染んだ遊動部分を全部上がるぐらい誘ってやるとそれが馴染んだ頃シモるようにウキが沈んでいます。何度かスバリを引きましたが、運良くかかったのが2枚。

その後はボラ攻撃にあい、あえなく撃沈しました。

日時

6月21日(土) 5:00~8:30

場所

新貝塚埠頭(ソロバン)

本命

チヌ 32~47cm 6枚

外道

メバル 15cm 2匹

エサトリ

なし

釣り方

撒き餌:オキアミ / チヌジャック

仕掛け:飛燕 1.2-50 / トーナメントISO インパルト2000LB / 銀鱗00 1.8号 / ドングリ 3B / トヨフロン-L ハード 1.5号 / 伊勢尼 8号

新貝塚埠頭ソロバンのチヌたち相変わらずイカは好調のようですが、イカに嫌われているようだし、いい加減魚の顔が見たい!と思い、だいぶ考えた結果、初めてのソロバンに行ってみました。

錘をつけて底を取ると6ヒロ、そこから矢引戻してスタートです。
マキエが効き出すと退屈しない程度にポツポツと釣れました。
一日に釣ったチヌの枚数の記録更新です。

家族に、「こんなにたくさんどうやって食べるの?」と怒られました。トホホ・・・

最長寸(46.5cm)をフィッシングオーシャン 高石店の「チヌリンピック」にエントリーしてきました。「5位以下でも上位の人が棄権したら賞品をお渡しします・・・」

期待しよう・・・

日時

6月29日(日) 4:30~8:00

場所

串本大島 樫野漁港

本命

グレ ~20cm 大量

エサ盗り

木っ端グレ攻撃

釣り方

撒き餌:オキアミ3kg / 浮かせグレ遠投

仕掛け:HZグレーダーISO F1.2-53 / トーナメントISO インパルト2000LB / アストロングレイト 1.8号 / ドングリ 2B / トヨフロン-L ハード 1.5号 / グレ競技用 5号

串本大島 樫野漁港お手軽波止釣りもここまで行けばかなり大変です。

片道4時間ですが、さすがに雰囲気は中紀の沖磯ぐらいあります。

マキエを1杯撒くだけで木っ端グレの大群が水面を跳ねます。あぁ、今日も終わった・・・

どうやっても木っ端にエサを取られます。何回ハリを結んだことか・・・
全然マキエの量が足りません。水面下10センチまでに全て食べつくされてしまっています。
今回の3倍は撒かないと食いっぱぐれが親グレまで届きそうもありません。

アオリイカをやっている人とも話しましたが、イカもダメそうでした。

しかし、いい雰囲気です。もっと通いたいのですが財力と体力がもちません(;_;)

日時

7月5日(土) 15:00~19:30

場所

新貝塚埠頭(ソロバン)

本命

チヌ 40~45cm 3枚

エサ盗り

タチウオ

釣り方

撒き餌:オキアミ3kg / チヌジャック

仕掛け:かこZERO II / トーナメントZ-2500LBT / 銀鱗SS ちぬ 1.3号 / ドングリ 2B / FISELL 1.0号 / 伊勢尼 8号

最近ボーズ知らずで、雨上がりの夕マヅメでもどうかなぁ、なんてスケベ心で行ってみました。

前回大釣りのポイントは既に人が入っていたので新たなポイントを開拓すべくさらに歩きました。足元はケーソンですが、穴が大きくありません。
タナは3ツ半、 仕掛けを投入して、1投目と2投目に立て続けに40cmと45cmが来ました。

その後は撒けども撒けども釣れる雰囲気無し・・・海がおとなしすぎました。
7時ごろ最後の1匹追加して、竿をほったらかしにしてマキエのバッカンを洗っていると、竿が動いたので急いで巻き上げると刺身包丁のようなタチウオが引っ付いていました。

オキアミでもタチウオが釣れる事を発見しました(^^♪

日時

7月19日(土) 5:00~11:00

場所

新貝塚埠頭(ソロバン)

本命

チヌ 27 ~ 41cm 2枚

外道

ガシラ 15cm 1匹、タコ 全長 20cmほど 1匹

エサ盗り

タチウオ 大量、サバ 少量

釣り方

撒き餌:前回の残りを冷凍したもの(およそ3kg)

仕掛け:飛燕 1.2-50 / トーナメントISO インパルト2000LB / アストロングレイト 1.8号 / ドングリ 2B / シーガーエース 1.2号 / 伊勢尼 9号

新貝塚埠頭ソロバンのチヌ41cm情報的には釣果が上がっていないとなっていたが、風向きや利便性を考え(軟弱者です)ソロバンへの釣行になりました。

いきなりタチウオの大群がオキアミに貪り付くというまさに地獄絵図。ついでにサバ君も登場し、えらいことになるかと思いきや、パタリとエサは取られなくなりましたがチヌの気配も無いのですぅ・・・

タナを変え、ハリを変え、ウキを変え・・・いろいろやっているうちにチヌ 27cm をGet!
俄然やる気になったが潮が動かないのでとても眠い・・・寝かけたところに、3cmほどウキが入ってじっとしているアタリが・・・結果がこれ⇒

その後は、ガシラ、タコと5種類で五目釣りの完成!タコもオキアミ食ってました。昼間でもタチウオがイワシを追っかけている姿を目撃して終了となりした。

日時

7月27日(日) 5:00~10:00

場所

新貝塚埠頭(ソロバン)

本命

チヌ 37cm 1枚

エサ盗り

なし

釣り方

撒き餌:オキアミ 1.5kg / チヌジャック / グレパワースペシャル

仕掛け:かこZERO II / トーナメントZ 2500LBT / 銀鱗SS ちぬ 1.3号 / ドングリ B / 水中ウキ / シーガーエース 1号 / 速攻チヌ 3号

唯一の命前日あれほどたくさんアジやフグがいたから、さぞかしい忙しい釣りを想像していましたが、ソロバンはまたしても全く生命感の無い海でした(;_;)

潮も動かない、エサトリもいない、赤潮打ち寄せる海・・・タナを底近くにすると黒いヘドロみたいなものがハリやハリスに付いて来ます。
今日もダメなのか?と大遠投したり際を狙ったりいろいろやってみたけどきたのはやはりちょうど竿下、5ヒロチョイ。

水温が高いときの、腹に卵を持っていないチヌは良く引きますねぇ(^^♪

日時

9月27日(土) 5:00~11:00

場所

和田防(河内渡船店)

本命

ボーズ

エサ盗り

ウリ坊 大量、オセン 少量

釣り方

撒き餌:オキアミ 1.5kg / チヌパワーMP / むぎコーン

仕掛け:かこZERO II / トーナメントZ 2500LBT / 銀鱗PX 1.5号 / レーダーソナー G3 / トヨフロン スーパーL EX 1号 / 競技グレ 6号

和田防初めての和田防。

せやっさんに連れて行ってもらいました。

コーンで一発掛けましたが、すぐに外れました(;_;)

あとはウリ坊とずっと遊んでいました。

何でかナァ・・・

-- 9月29日(月) --

和田防探検記(1)

船着まず、最初に驚いたのは「大都会 神戸のど真ん中から渡船に乗る」ということ。

普通さぁ、オジサンの感覚からしたら、人気の無い、いかにもって感じの漁港から「ブィーン」と渡船で出て行くものだと思うじゃないですか。ところが、せやっさんに連れられて辿り着いた河内渡船店は神戸駅(?)の目の前。

おまけに船着は⇒のように観覧車が見えたり、おしゃれな建物がいっぱい。

ええ、驚きましたよ。

渡船は遅かったですが・・・(失礼)

-- 9月30日(火) --

和田防探検記(2)

はしご余りにも早く着いたのでせやっさんと船の中で話しているときに、
「ここらの船は押してくれるんですか?」
(磯経験者ならご存知かと思いますが、和歌山以外では、通常船を磯に着けずに飛び渡るのが普通です)
と質問してみたところ、

はしごを上るんですよ・・・」とな。

「・・・はい?」

「階段もありますよ。」

朝、満潮だったので⇒ほど高低差はありませんでしたが、ええ、初めての経験ですよ。

船からはしごを上るなんて・・・せやっさんのキャスター付背負子の意味が分かりました。

-- 10月2日(木) --

和田防探検記(3)

景色さて、日が昇ってゆっくりと周りを見渡してみました。

大阪湾南部なら正面に淡路島もしくは一文字が見えるのですが、ここ和田防で見る景色はちょっと沖磯チックに感じました。

ただし、背中方面を見ると大都会神戸ですが、それでも山並みが近いので少し変な感じがしました。

潮の流れ方も激しく、まったりとした景色とは異なり忙しい釣り方を強要されます。

これだけ速い流れだとさぞかしここのチヌは引きが強いのでしょうね。

チヌの釣果メニュー

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大知昭黒鯛塾

ページ上部へ