2017年7月の釣果・駄文・・・チヌ3枚

日時

7月29日(土) 5:00 ~10:00 月齢:5.7 小潮 [ 5:05 101cm ↑ 10:32 135cm ↓16:38 88cm ↑ 23:07 146cm ]

釣果

ボウズ

エサ盗り

豆アジ・サバ・チャリコ

釣り方

大津川尻概略図過去数回に渡り、ダンゴで挑んでみたものの明確に優位性がみられず、かつ永釣同志会の皆様はフカセで釣果を出されている人が多いのです。

ここはひとつ負けてられないということで、2ヶ月前に開封した配合エサを恐る恐る覗き込むと匂いも普通だし、羽虫も発生してないので仕事終わりにオキアミを買いに行き、クーラーボックスの中に入れてゆっくりと解凍させます。

朝起きたらちょうどよい解凍具合で、まずはボイルと砂糖みりん漬けを作ります。

黒魂Style Fコマセ配合 : オキアミ1.5kg / チヌパワーDASH 0.5袋 / チヌグルメ 0.5袋

サシエ : 生L(みりん&砂糖、無加工)、ボイルL、コーン、食い渋りイエロー

小潮の上げで、見た目は殆ど動いていないようなので、久しぶりにパイロット仕掛けからスタートしてみます。

タックル : 14DXR1号-53 / 11インパルト競技LB / フロンティアディスク 1.5号 / 黒魂Style F B / スイベル10号 / シーガー 1号 2ヒロにG3+G4+G4 / ジークチヌ ゼロフカセ2号 3ヒロ半からスタート。

生からスタートしましたけど、一瞬でサシエが消滅したのでボイル、コーン、練り餌をベースにローテーションしていくこととします。

何やら小魚は跳ねていますが、肝心のボラがいません。居すぎると邪魔に感じることもありますが、ボラが居ないとまず釣れる気がしないのです。

何か跳ねた!と思ったらやたらと大きい・・・エイでしょうか?ボラにしたら波紋が大きすぎます。
最近、エイが増えたと感じるのは私だけでしょうか?

天気は完全な晴れではありませんけど、全くの無風で強烈な蒸し暑さです。周りにもウキ釣りの釣り人は数人居て、目的の魚が釣れていないのはどうやら私だけのようで・・・

チャリコとインパルトこりゃいかん、ということで色んなパターンを試してみよう、とプログレスチヌ、遠矢チヌスペシャルなど、いつもの定番ウキにコロコロ変え、鈎カラーなどを変更してみたものの、スパッとウキが消えたと思ったらミニチャリコ・・・

ずっとサバやアジが居るわけでもなく、練り餌にサバが食いつく事もあれば生がそのまま戻ってくることも有ったりと、状況が掴みづらく攻めの軸がぶれてしまいます。

最後は大津川尻では余り使わないD-SUSマクロ4Bコンビで落ち着きはしましたが、結局、撒き餌が無くなるまで明確なアタリを捉えられずゲームセットになりました。

まとめ

やっぱり、フカセは厳しかったです。開封済みの配合エサはこれで使い切ったので、心置き無く(?)ダンゴ釣りが出来ますね。

本年の釣行回数16回、エージシュート達成まで残り24枚、打率5割6分3厘です。

-- 7月26日(水) --

~~ 定点爆撃 ~~

鈴鹿のシケインおおよそ35年ぶりの鈴鹿サーキットランド&20年ぶりの鈴鹿サーキットは、とても楽しい旅行となりました。

このクソ暑い中だったので、並んでも15分ほどで乗りたい乗り物には乗れましたけども、いくら水分をとっても抜けて抜けてカラカラになりました。親子3人で10リットルクーラに入れた飲み物すべて飲み干して更にペットボトルを追加購入して何とかしのげました。

今度は、20Lクーラに2Lペットボトル4本で武装しなくちゃいけませんね。

大津川尻さて、先週末は土日とも休みではありましたが、何をどう間違えたか?娘とその友達を土日連続で市営プールに連れて行くことになってしまいました。幼児の底なしパワーに圧倒されつつも、来たるべきスキーシーズン&初冬の大型チヌに向けて筋力アップのつもりでずっと泳いでいました。

で、いつ竿を出したかというと、土曜日の朝9時までの間に定位置で爆撃してきたものの、見事ボラの鱗ばかり掛けてしまいボウズで帰ってきました。T野さん、ゼロさん、Konさん皆さんは別の場所とは言えフカセで上げておられたので、フカセのほうがいいのかなぁ・・・準備する時間が取れたらフカセをしてみよう・・・

本年の釣行回数15回、エージシュート達成まで残り24枚、打率6割です。

-- 7月15日(土) --

~~ 爆撃調査 ~~

定位置思うように釣りに行けませんねぇ・・・釣りに行くスケジューリングも技術のウチ、とかなんとかなのでしょうけど、天気や体調まではコントロールできたら神様?

戯言は放おっておいて、前回より爆撃モードとなっており、今回は潮や風の加減からして定位置がよさそうだと思ったので、団子抱えて行ってきました。

今回は、時間がなかったので波止ダンゴチヌ1袋にチヌパワー200ccと、市販団子のみにしています。

日が昇り、影が気になる時間になってから魚の活性が上がり、キビレ37cm、B・・・B、チヌ33cm、B・・・B、チヌ40cmと5時間ほどの釣りで久々に満足できるサイズが出ました。

40cmのチヌ気になったのは、いくら上潮が滑るからといってハワセを長くすると食わず、割れたら10cmぐらい切るようにしている方が食ってきたことです。

同時刻、貝塚で竿を出されていたT野さん、ゼロさん、Konさんのうち、T野さんとKonさんは撒き餌にチヌが浮いてきたとか・・・

「何時釣るの?」「今でしょ!」(古っ

本年の釣行回数14回、エージシュート達成まで残り24枚、打率6割4分3厘です。

あす、明後日は、家族旅行で鈴鹿サーキットに行ってきます(泣

-- 7月4日(火) --

~~ 今季初爆撃 ~~

紀州釣り団子レシピ土曜日から急に暑くなりましたね。

本当は土曜日の朝から出撃したかったのですが、またしても前夜の残業が厳しくて準備したら睡眠時間が全くない状況でしたので、暑いのは分かっていても日曜日昼からの釣行になりました。

クボタに行ってヌカ貰ってきて、いつもの1.5倍の量を作りました。

場所は、西風に強い岸の浦(水路)です。

メガディスとトライソ水上スキーを引くモーターボートやジェットスキーがビュンビュン走ってます。

時折薮野渡船や岸和田渡船が前を通ります。今、沖に行って釣れるのはタコですかね?

釣り始めてからしばらくして、T野さんとgennさんが遊びに来てくれました。

暑さでボーっとする上に、上潮の滑りが激しく、厳しい釣りを強いられます。

ただ、エサだけはちょくちょく盗られるので、ボイルでも用意しようかと浮きから目を離したスキに、「おーっ、入ったぞー」とT野さん。

急いで竿を持って合わせると、メガディス1.5号の胴にグンと入る重量感。

私「ボラですかねぇ」
T野さん「いや、チヌやろ」

しばらく魚を釣っていないので区別がつきません・・・

チヌだとして、とりあえず真面目にゆっくり浮かせようとして、じっとためていると、フッと軽くなりました。

鈎ハズレです。

チヌの幼魚 ババタレD-MAXチヌ2号の鈎先はピンピンですから、口切れでしょうか?

その後も、何やらアタリはあり針先にチヌの鱗らしきものが刺さっていたりしたのですが、鈎に掛けることが出来たのはババタレ一枚。

何やっても食わない時期は過ぎ去り、ちょっとはオキアミに興味を示すようになってきましたし、小サバも減ってきたのでフカセでも大丈夫っぽいですけど、しばらくは団子で通す予定です。

今週末も、ここかな?

本年の釣行回数13回、エージシュート達成まで残り27枚、打率6割1分5厘です。

チヌの釣果メニュー

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大知昭黒鯛塾

ページ上部へ