2020年1月の釣果・駄文・・・チヌ4枚

日時

1月13日(月) 12:00~15:00

潮まわり

月齢 : 17.8 中潮 [ 2:34 -19cm ↑ 9:14 153cm ↓ 14:43 85cm ↑ 20:18 139cm ]

水温

12.4度(11:29現在)

釣果

チヌ 44cm 1枚

エサ盗り

フグ、アジ

釣り方

今週は、9連休の後の6連勤でした。 休みでボケた脳みそを強制的に戻し、ひーひー言いながら1週間を乗り切りましたヨ。日曜日は車の点検やスタッドレスタイヤへの交換で一日がつぶれはしましたが、用事は済ますことができました。

スタッドレスに交換

そして本日は月曜日、3連休の最終日。ちょっと遅めに家を出てマックスに向かいます。

いつものようにマックスでエサを買い、混ぜていると何やら視線を感じる・・・気がしたのですが・・・当HPをご覧になっているF様、黒のハリアーですよね?応援メール、どうもありがとうございます。間違えていればまたメールください。

自分自身が名前が売れているわけではないのであまり気にしないようにしているのですが、最近お声をかけていただくことが増えています。コブ付きのフカセ師は珍しいですかね?

さて、本日はヤイバのチヌ祭りを終え、3連続釣行のゼロさんとそのご友人、Tさんももしかしたらパラダイスに合流されるかもしれない、とのことで、もし来られたら90分1本勝負の予定です。

浮いていたメッキ

着くなり娘が、「なんかお魚浮いてる」と。
掬ってみると、これ。メッキが死にかけていました。
当然キープして、おいしくいただきました。

さて、その娘はそそくさとジェイボーに乗って遊んでいます。

私はゆっくりと準備します。

水温12.4度

水温は12.4度と前回より3度近く上がっています。西の爆風が吹いてますがちょっと肌寒いぐらいで釣りには影響ありませんね。本日は釣りができても3時間ぐらい、釣れないから娘が音を上げるはず、だと思いワンチャンス仕様の分量です。

コマセ配合 : 生1.5kg / バトルチヌS 1袋 / 細挽きさなぎ 1カップ程度

サシエ : にんにくまぶし生L、エサ持ちイエロー

もうコーンは要らないか?と思い、持っては来ていますが使うつもりはありません。

TOURNAMENT ISO F

タックル : トーナメントISO F 1-53 / 09トーナメントISO Z 2500LBD / アストロン磯TYPE SUSPEND 1.8号 / 遠矢チヌスペシャル400-8 3B / 3B+2B / スイベル8号 / LINESYSTEM BLACK SEA BREAM チヌハリス・パワー 1.2号 2m / 金伊勢尼7号 ウキ下2ヒロ弱でスタート。

ちなみに娘は、
ホリデーISO(先代)1.5号-400 / Cy1800 / 道糸2号 / 黒鳳II 0 / 4B+B / スイベル8号 / シーガー1.5号1ヒロ強 / 白チヌ2号です。

娘の仕掛けを準備している最中に、「小回りちゃーん」とゼロさん&広島からのトーナメンターTさんが来られました。

3人そろったので予定通り90分1本勝負の運びとなります。
ルールは誰かが1枚上げたらそこから90分間1枚長寸、となりました。

「私も入れて」と娘も参加・・・この1月の寒チヌは甘くないぞよ、娘よ。

ゼロさんのどや顔

釣り始めて1時間ほどで潮がいい塩梅になってきたとき、ゼロさんがまずは試合開始合図の1枚。狙い方は三者三様で思い思いの仕掛けではありますが、ゼロさんの口数が少ないのと仕掛けをいじる回数が多い事(笑
Tさんもさすが歴戦のトーナメンター、サッサと仕掛けを変えていきます。

私はというと、まず、釣り開始時はほとんど止まってはいたものの西の爆風が邪魔するだろうとまずは棒ウキスタートなのは前述のとおりです。娘だけ相変わらずエサをとられている様子で、私も同じようなウキ下なんですが、取られません。こうなるとウキの特性か鈎の色ぐらいしか違いがないんですよね。

ただし、円錐ウキで沈めていたゼロさんも沈め気味だったTさんも、いつしか棒ウキ、遠矢ウキできっちりアタリをとる釣りになっています。

同じことをしたって勝てないので、ちょっと頭をひねります。

西に流れる潮の流れと西からの強風がバランスよく釣り合っていて、完全フカセでも馴染んで乗っていくのではないか?と考えたので大知遠投60 LL-00にチモトG8という超軽量仕掛けにしてみました。

海水密度からか00は立つ前から沈んでしまったので、0シブに変えると目論見通り風に負けることもなく、ちょうどいい仕掛けの張りで馴染みます。立ったらG8が効いてじわじわ底に仕掛けが這っていく感じになり、今日はこれだろうと思いながら流していると、「おとーさん、仕掛け絡んだ。」

まさに理想的な入り方をしている仕掛けを置いてトラブルレスキューに向かいます、が、やはり感は当たっていたようで作業中にウキに怪しげな動きが・・・急遽戻ってゆっくりラインを張っていくと、ググッ。

44cmのチヌ

魚は元気元気、久々に暴走潜水艦に当たったか?と慎重にやり取りして浮かせたのですが、意外と小さく44㎝でした。

しかし、遠矢チヌスペシャルで流れをつかんだゼロさんの反撃。

またしてもゼロさんにヒット

インテッサG-V 1号-50がまたしても曲がります。

その後は短い冬のワンチャンスタイムが終わり、皆沈黙へ。

最後、Tさんがとんでもないものを掛け、娘が大喜びしたので優勝はTさんに決定しました。(ちなみに何が掛かったかは倫理規定により表記しませんw)

試合終了後はみんなで釣り場を掃除して帰路につきました。

まとめ

ゼロさん、遠路はるばるお疲れ様のTさん、どうもありがとうございました。仕掛け交換の判断の速さ、さすがに試合に出て経験を積まれた方ならではかと思い、勉強させてもらいました。また機会がありましたら、勝負お願いします。

本年の釣行回数2回、エージシュート達成まで43枚、打率10割です。

-- 1月14日(火) --

~~ ご質問に対するご返答 ~~

「パラダイスは立ち入り禁止な場所じゃないんですか? 」とあだち様という方からご質問をいただきました。メールアドレスが間違っているようなので公開返答させていただきます。

自分が発見した場所ではないので明確な名前は使っていませんが、パラダイスは誰でも無料で立ち入り、釣りができます。掲載している写真では全く釣り人がいないように見えますが、加工で消しています。

いろいろありましてしばらく行ってませんでしたが、子連れの時は近くて安全なパラダイスを使わない手はありませんね。

「フカセ釣りをする人間は汚して帰る」などと思われたくないのでこぼした撒き餌なども箒で入念に掃いて流して帰るようにしています。ここにはゴミ箱はありませんが、来られる方は誰もがゴミを捨てない・汚さない・譲り合いといったルールやマナーを守って楽しく釣っておられます。一度足を運ばれるとわかりますよ。

日時

1月4日(土) 10:00~15:30

潮まわり

月齢 : 8.8 長潮 [ 1:00 81cm ↓ 4:44 78cm ↑ 14:57 117cm ↓ 22:03 66cm ]

水温

9.5度(9:39現在)

釣果

チヌ 38~43cm 3枚

エサ盗り

フグ、アジ

釣り方

あけましておめでとうございます。
本年もちょっとだけ駄文にお付き合いいただけましたら幸いです。

さて、初釣りは娘もいるので安心のパラダイスです。
情報ではパラダイスで全く食わない、シーサイドコスモも旧堺港もあまりよくないような傾向がありましたが、泉州地区に下りるよりはまだ確実かと思い、パラダイスで決行しました。とはいえ、娘はジェイボード(ブレイブボードやエスボードとも言うらしい)もするので親としてはここしかないです。

寒いからスキーウェアを持っていけ、といったのにシャカパンと薄いジャケットだけ。
おいおい、おとーさんは防寒着に張るカイロ2個に長靴だよ。

水温は驚愕の9.5度

9時過ぎに到着し、ゆっくり準備していきます。
到着時の水温は一桁、9.5度・・・大津川の3月でもこんなに低い事無いよ・・・

ブラックシーブリーム チヌハリス

今回はハリスを新調しました。
我等がむろちゃんのLINE SYSTEM ブラックシーブリーム チヌハリス・パワー1.2号です。
とてもしなやかなで、一番柔らかいと思っていた無印シーガーより柔らかいので、この寒の時期にはぴったりです。
強さに関しては、頼みますよ、むろちゃん!
釣れなければ文句を言っていいらしいので(笑

VIP ISO AGS TYPE-1

冗談はさておき、年始なのでロッドもリールも晴れの日仕様です。
このコンビはいつもながら気が引き締まります。

写真でもわかるように濁り切った海ですが、これでもきれいな部類です。

コマセ配合 : 生3kg / チヌパワー麦スペシャル 0.3袋 / バトルチヌS 0.5袋 / 細挽きさなぎ 1カップ程度

サシエ : 生L、さなぎまぶしコーン

ココの水深は浅いといえるレベルなので、撒き餌にそれほど気を使わなくても良い様に思えますが、河口特有の二枚潮に加え一級河川の莫大な水量、湾内とはいえ複雑な潮流が発生しやすい地形などを考えると、やはりまとまって沈んでくれる撒き餌が釣りやすいような気がしています。
正味、流れの複雑さは定位置大津川尻より遥かにややこしいと思います。
エサ取りはアジ・サバ・イワシとフグぐらいしかいないはずなので、サシエはそれほど難しくはないかと思います。
盛夏~初秋には紀州釣りしかしたことがないので、おいおいこの場所の特性を知っていくことになるでしょう。

タックル : VIP ISO AGS TYPE-1 / 15トーナメントISO2500SH-LBD / アストロン磯TYPE SUSPEND 1.8号 / 遠矢チヌスペシャル400-8 3B / 3B+2B / スイベル8号 / LINESYSTEM BLACK SEA BREAM チヌハリス・パワー 1.2号 2m / D-MAX銀狼チヌSS 2号 ウキ下2ヒロ弱でスタート。

ちなみに娘は、
ホリデーISO(先代)1.5号-400 / Cy1800 / 道糸2号 / 黒鳳II 0 / 4B+B / スイベル8号 / トヨフロンLハード 1.2号 1ヒロにシーガー1.75号を50㎝継いで / 白チヌ3号です。

根ガカリがあるので通しで1.7号にはできませんし、そもそも娘の腕力では1.7号クラスの魚はリフトアップできません。あくまで根ズレ対策です。娘の力が足りないのならアンタが取ればいいじゃん、と考えるかもしれませんが、それではダブルヒットの時や用を足すときどうすればいいですか?どこか弱いところを作っておかないと危険だと思いますよ。

実際、竿収めの時は私がトイレまで行っているときに掛けてバラシていました。

加えて、同じような仕掛けにしておかないと私の釣り方を見ている娘の手本になりませんので、沈めてしまいたい二枚潮なんですがここはぐっと我慢デス。

釣り始めてしばらくはオキアミが完全返品される厳しい状況でしたが、撒き餌が効いてくるとオキアミが無くなるようになります。
ハリスに歯形は付かないのですが、娘のハリスには歯形があったのでどうもフグがいるようですね。
オキアミはほぼ毎回何かしら触っているのですがコーンは触ってこない、娘のコーンはフグに齧られた跡があります。

ああでもな、こうでもないと考えている最中、シーサイドコスモで竿を出されていたゼロさんからLINEが・・・

ゼロさんのどや顔

朝、電話で状況を聞き、こちらの状況がわかったらまた連絡する手はずだったのですが、先に来た知らせは43㎝ゲット!でした。

こちらは寒い状況です、と返事をし、とりあえずVIP ISO + 初釣りでボウズは絶対避けたいので気合を入れたいところではありますが・・・真横には生ける時限爆弾(小学二年生・女子)が居らっしゃいます。

「釣れない。寒い。」

予想通りの腐り方ですね。

潮の流れが速いので「斜め前に仕掛けを入れな。体の正面に仕掛けは飛ぶから仕掛けを入れたい方向に向いて投げなさい。」など、釣りの基本を伝えていきます。

「寒けりゃジェイボーしたら?」とも。

で、娘の動作を見届けた後、自分のウキを探すと・・・無い!

慌てて合わせると、まだ付いていました。

VIP ISO AGS TYPE-1の曲がり

VIP ISO AGS TYPE-1の曲がり

娘がまた撮影してくれました。

VIP ISO TYPE-1は自分にとってかなり強めのグレ竿、と表現するにふさわしい曲がり方ですね。釣っている本人には強い感じはなく、ここにいるチヌなら綱引きで絶対負けることもないと思える安心感があります。
唯一の不安点はまだわからないチヌハリス・パワーの強さです。

初チヌ39㎝

とりあえず手前のスリットに入られることもなく、1枚目・39㎝はゲットできました。

サシエはオキアミ、ウキ下は底トントン、サシエは着底している時間が少ないほどアタリにつながりますが浮かせすぎても食いません。この傾向は最後まで続きました。

しばらくして、今度はズボッとウキが入り、一瞬重みと首振りを感じましたが根ズレでサヨナラ。
ここは砂底に大きなゴロタが出ているところがあり、それに巻かれると一瞬でアウトとなってしまいます。

隣の娘、私が釣ったのを見てがぜんやる気を出してきました。
しかし、またかかったのは私。
よそ見している最中に視界の右端でウキがズボッと消える姿が見えます。

37㎝のチヌ

2枚目はチョット小さい37㎝。

お父さんだけずるい、と言われますがこればっかりは・・・
違いは鈎ぐらいなので同じ鈎にするか?と尋ねますが「この鈎で釣りたい!」だそうで・・・がんばれ娘よ。

釣り初めた頃は釣り人は我々だけでしたが、徐々に増えて7割方釣り場は埋まってしまいました。
この寒いのに、皆さん元気ですね~~

すると、シーサイドコスモで竿を出していたゼロさんが第2回戦ということでこちらに来られました。
わざわざ娘のためにお菓子を持ってきてくれました。うなぎパイとパイの実、ごちそうさまでした。

そして、ゼロさんが準備しているときに、来ました。
また娘にレクチャーしていて目を離したスキにウキが無くなっています。

43㎝のチヌ

3枚目は43㎝ありました。
取り込んでゴソゴソしていたら娘にもヒット。

娘とツーショット

娘のは40㎝、初釣り成功です。最初はまごまごしてお立ち台から落ちたりしていましたが、立ち直ると一人で寄せて浮かせ切りました。

そして、13時から90分1本勝負でゼロさんと長寸で争いましたが、ちょうど潮が飛んでとても釣りづらい状況だったので、久しぶりにゆっくりとゼロさんとお話しする時間が取れ、潮が緩んだタイミングで私も本気モードへ。黙って釣り続ける娘のウキを横目にしているので、なんとなく海況は読めます。

そして、ゼロさんが沈めで2回ヒットさせますが、残念ながら根に巻かれて取り込むことはできず、勝負はドローとなりました。

その後は、いい雰囲気があるのですが二人とも食わすことができず、終了となりました。

まとめ

ゼロさん、どうもお疲れさまでした。そして、われわれ親子にお付き合いいただきありがとうございました。

沈めが有利じゃないか?と分かりながらできないジレンマ、娘に理解させるか自分だけするか?とても悩ましいところです。
娘はようやく「レバーブレーキはいらない。ドラグだけでいい。」と言うようになってきたので、もうちょっと我慢すれば違いが分かるかな?棒ウキと円錐ウキの違いは身をもってわかってきたようです。

本年の釣行回数1回、エージシュート達成まで44枚、打率10割です。

 

チヌの釣果メニュー

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大知昭黒鯛塾

ページ上部へ