2016年1月の釣果・駄文・・・チヌ2枚

-- 1月24日(日) --

白馬乗鞍温泉スキー場前回の更新からかなり間が空いてしまいたね。

私のもう一つの趣味として基礎スキーがございまして、年2回の白馬修行ツアーの準備などもろもろがございまして2週間ほど釣りはお休みさせてもらいました。

さて、決して良い状況とはいえない昨日、ゼロ様はホームの貝塚で40cmを頭に2枚上げられたそうです。うーむ、流石。こんな状況でもきっちりと結果を出されています。

本来なら昨日か今日、竿を出しているのがワタシ的行動パターンなんでしょうけども、先日の白馬でスギ花粉にやられてから体調を崩し、さらに数十年振りと言われる大寒波襲来のため外に出ることもままならない状況です。

トーナメントとDXR・・・ということで、こんな時はおとなしく負の遺産を片付けることがぴったりです。娘のために勉強エリアを作るべく、溜めに溜めた半ばゴミのようなアイテムたちを毎週ダンボール一箱ずつ捨てていっているのですけど、いっこうに片付かないんですよ・・・

今や、私の持ち物で最大の量を誇るものは釣具となりました。 少し前まではパソコンパーツなどの電化製品が幅を利かせていましたけど、整理の甲斐あって最も触れる回数が多い趣味の物が一番多くなりました。

おしゃべりはこれぐらいにして・・・銀狼・冴がでましたね。これは値段からして飛竜チヌの後継だと言えるものでしょう。名前が変わってXトルクとICガードが付いて、1号-50と00号-53が増え、よりたくさんの釣り方に対応する事ができるようになりました。先代の飛竜チヌはとても素直なチヌ竿だったので、銀狼・冴も期待しています。この辺りはフィッシングショーで全部触ってくる予定です。

えっ?何を買うんだって?

一番欲しいのは銀狼王牙AGS1.2号-57ですよ、もちろん。でもこれはちょっとねぇ・・・生命保険の更新で保険料が上がって遠のきました。現実的には銀狼・冴 1.2号もしくは1.5号じゃないですかねぇ?

日時

1月3日(日) 8:15~13:15 月齢:22.6 小潮 [ 1:15 80cm ↓ 4:56 78cm ↑ 13:45 109cm ↓ 21:59 61cm]

釣果

チヌ36~37cm 計2枚

エサ盗り

フグがちらほら

釣り方

大津川尻概略図あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ下らない駄文にお付き合いください。

珍しく8日間で3回も竿を出してますし、元旦から釣具屋巡礼をしているのでそれほど釣りに行きたい病は出てこなかったのです。でも、さすがに明日で休みも終わりかと思うとどこかで後一度は竿を出したいなぁと考えていたのです。

ところが、昨日までは意外と風が強く、昨日の予報で今日は絶好の釣日和のはず、と本日の釣行を決めます。前夜に特価のマックスオキアミを手に入れ、朝触ると・・・結構溶けてるじゃん。真冬なのに程よく溶けてます・・・暖かいんですね。

さて、釣り場に着くと・・・見覚えのある奈良ナンバーの車が! hamakkoさんファミリーが旧・定位置付近で竿を出されるようでしたので、旧・定位置で竿を出させてもらうことにします。

準備をしている段階から・・・暑い。暖かいを通り越して汗だくです。一応真冬の装備をしてはいますけど、オーバスペックだったようで少しでも動くと汗が滴ります。1月なのに予想最高気温は16度と、まるで春ののっこみ時期です。

遠矢チヌスペシャルコマセ配合 : オキアミ3kg / 爆寄せチヌ 1袋

サシエ : 生L、コーン、食い渋りイエロー、練り蔵

撒き餌は思うところがあり、爆寄せのみとしています。チヌの宿だけ、とも考えましたが、初釣りでボウズは避けたいところでしたので、ちょっといい配合エサにしました。量は以前より少なくしていますけども、これも思うところがあってこの量です。もっと少なくても良いのでしょうけど、ドカ撒きする必然が有った時に困るので若干多めにしています。オキアミも全く潰さず粒のままです。潮は上滑りなのでいつもの遠矢ウキで。

タックル : トーナメントISO F 1号-53 / 15 トーナメントISO 2500SH-LBD / 銀鱗SS 1.8号 / 遠矢チヌスペシャル 300-8 3B / スイベル10号 / 4B+B / トヨフロンスーパーL EX 1.5号 2m / インホワイトチヌ2号 底トントンでスタート。

釣り場には7時30分頃に着いたのに竿を出したのは8時15分過ぎ・・・喋りすぎです。

今回は、ウキ投入時にたくさん撒き餌を入れず、こまめに少量づつを心がけた撒き餌ワークとしました。カップの小さい杓でこまめに撒き、 チヌを上に向けるようにしてみました。

36cmのチヌ右に滑っていた潮が左ににぐっと入った瞬間、まず1匹目となる36cmのチヌでした。エサは生、コツコツ、コンコンコンと微妙なアタリでしたが、鈎は飲まれていました。

釣り始めて1時間も経たずに初釣り成功です。ライフジャケットとピンオンリールが新品だったのですけど、ボウズ逃れでこれも一安心。

プチ潜水艦にヤラれる最近、1匹だけで終わることが多いので、ここからどうやって数を伸ばすか?これが今回の撒き餌ワークと撒き餌の量、質に関係してます。できるだけ間断なく、辛抱強くこまめに撒き続けていると、珍しく2つ目の重量感ある当たりを捉えます。

今度は、中層をテトラに向かって悠然と泳いできます。テトラ際まで来てグンと走り、そのままテトラの中へ・・・ハリスだけでなく道糸までザラザラにされた挙句チモトからプッツリでした。この時、ウキは仕掛けが落ち着かないのでSP400-8 3Bとなっていますけど、ウキ下は相変わらず底トントンです。

hamakkoさんと龍○さんまた年始にバラシちゃった。1.5号かけてるのになぁ・・・1.7号にしなきゃならないのかなぁ・・・だったら道糸は2号も用意しないと、だなぁ・・・

更に凡ミス発覚です。

ハリス1.5号を使い切り、予備を持ってくるのを忘れたため、一番太いものでも1.2号しか無いのです。なので1.2号でも一番強いであろうハイパーガイアXXを選択します。

その後はしばらく何のアタリもなく、今日はもう終わりかな?なんて考えていると、龍○さんが「毎度~」とご登場!グレを釣り過ぎて腕がパンパンとのことで、本日は釣り竿を置いての見学でした。龍○さん、コーヒーご馳走様です。

あまり余裕が無いいろいろお話させていただきながら何かしら解答は無いものかと、こまめに撒き餌を入れ続けたところ、モヤッとしたアタリでサシエが盗られました。すかさず同じラインを流すと、モゾモゾ、スパッと来ました。

今度は先程のと比べても明らかに軽いのですが、1.2号なので先程よりも慎重にならざるを得ません。

37cmのチヌ今回も最後はテトラに擦れましたけども、さすがハイパーガイアXX、このハリスは本当に強いです。結節強度も根ズレ耐性もスーパーL EXより明らかに有りますね。

ハリスの性能に助けられ上がってきたのは37cmのチヌでした。

やった、これで2枚目だ!

こうやって1枚でも多くゲットしないと、エイジシュートに届かないですからねぇ・・・

その後は潮が変に押してくるようになり、稀にフグにサシエを盗られたりしながら撒き餌を撒ききってゲームセットとなりました。

まとめ

hamakkoさん、龍○さん、お疲れ様でした。そして、写真ありがとうございます。

ココ数回の釣行で気づいたことを実践し、結果が出たのか?それとも単純に良い条件だったのか?それは謎ですけど、連勝記録も11まで伸ばせました。

エイジシュートまで残り41枚、打率10割です。

 

チヌの釣果メニュー

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大知昭黒鯛塾

ページ上部へ