2018年1月の釣果・駄文

日時

1月28日(日) 7:30 ~14:00 月齢:11.0 中潮 [ 5:09 113cm ↓ 10:12 90cm ↑ 15:19 119cm ↓ 23:05 0cm]

釣果

ボウズ

エサ盗り

留守

釣り方

大津川尻 概略図中旬からすでに花粉症の症状が現れ始めたので、アレルギーを抑える薬を服用しています。

先週日曜日は、朝4時半に起きたものの、アレルギー性鼻炎薬(プランルカスト)が強烈なだるさの原因となって、1時間半ほど頑張ってはみたものの、ついに動けるようにはならず布団に戻りました。なので、娘と妻と映画妖怪ウォッチ「シャドウサイド 鬼王の復活」をみてきました。

本来ギャグアニメのはずなんですが、後半は涙が止まりませんでした。なぜだ?

閑話休題。

釣りに行くために、だるさの原因となるプランルカストを飲まないようにしたところ、1週間経つとだるさはなくなり、若干の眠気だけになったので、遅い初釣りとなりました。

twinforceコマセ配合 : オキアミ1.5kg / アミエビ 16切 / チヌパワーV9遠投 1袋(最初は半分) / チヌの宿 0.3袋

サシエ : 生、みりん砂糖漬け、爆釣液イエロー漬け、ボイル、コーン、生ミック、食い渋りイエロー

冷たそうな潮の色ですけど、スケスケではなく、濁り気味です。

ようやくですが、冬だから澄み切っている、とかではなく、西風が吹けば季節に関係なく濁ってくることが分かり始めました。個人的には濁っている方が釣れない気がするんですが・・・

タックル : トーナメントISO F 1号-53 / 15トーナメントISO 2500SH-LBD / 銀鱗SS 1.5号 / ツインフォース 3B/ 潮受けストッパー / パワーノットサルカン Tタイプ / シーガー 1.2号 2ヒロ / ジークチヌ ゼロフカセ2号 ウキ下3つ半からスタート。

寒空この時期ですから、オキアミはそのまま返品されます。目先を変えるためにサシエローテーションをきっちり行いながら、手前から沖までをくまなく探ります。

潮の具合に合わせ、遠矢ウキ、黒魂BROS.、黒魂Style Fなどを適時入れ替えていきます。ウキ下はトントンから矢引ハワセぐらいの間で調整します。

釣れない時間が長いときは、周りの観察がはかどりますねぇ(笑
他の釣り人は同業者のみ。
スタートは2人で、一人増えて一人減って・・・

鈎の色は茶焼き、金、銀、と思いつきで変更します。なんとなくですが、鈎は小さいというより軽く細いもので、茶焼きのものがチヌには有っているような気がしてきました。もちろん常用している白チヌ全般は定番でこれもあり、一番ムラっけが有るのは金鈎なのかな?

理想はジークチヌ ゼロフカセか、競技チヌに代表されるように細軸のものですかね?形状が違うので食いが良ければ競技チヌ、食いが悪いときはジークチヌゼロフカセといったところでしょうか?刺さりは何と言っても銀狼チヌSSが一番・・・などと去年の釣れていた時期の統計から考えてはみたものの、何のアタリもないまま11時をまわりました。撒き餌が切れかけたので、残しておいた粉と粒撒き用に取ってあったオキアミを混ぜて延長戦に突入です。

しかしながら、延長戦に入っても、フラフラする潮の如く、明確な答えは出ず、姫からのご挨拶もありません。

旨いコーヒーあまりに釣れないので、一人で釣っているときにはまずしない休憩を取ってみました。

厳しい釣りが予想されていたので、ガスバーナーを持ち込みレギュラーコーヒを淹れてみました。

この糞寒いときに、熱々のコーヒ・・・一杯500円の価値はありますねぇ~~

気分はリフレッシュし、撤収時間も決まっていないので、大知昭塾長がよく言う厳寒期でも必ず活性が上がる時間、午後2時頃を待ちます。

すると、撒き餌ももう残り数投分ぐらいまで減った頃、手前ギリギリのラインを流れるウキが、スーっと海中に引き込まれました。手前ギリギリだとすぐにテトラに入られ、根ズレとなる可能性が高いのであまり手前ギリギリを流したくはないところでしたが、逆に言えば今までそのパターンで何度も切られているということなんです。

鈎はやはり、茶焼きの早掛けグレ7号でオキアミ。

慌てて合わせたもののスカを喰らい、これで初釣りは終了となりました。

まとめ

お隣の同業者さんは、私のエサ切れの後、すぐ掛けていました。さすが塾長、経験から導かれた言葉は信じられます。

本年の釣行回数1回、エージシュート達成まで残り45枚、打率0です。

-- 1月16日(火) --

なかなか初釣りに行けませんねぇ。

年無しがボコボコ上がっているポイントを龍野さんから聞いているのですが、年始からずっと予定のない日は天気が悪く、予定のある日は絶好の釣日和と、神様は私に魚釣りをさせたくないようです。

まぁ、初詣のお願いが「家族が一年間無事に暮らせますように」ですから、私の幸福は余り考慮されておらず、妻と子供に重みが有るようですね。

神様、私にもちょっとは幸せを分けてください(笑

インパルトの分解爆風続きの正月休みは弟夫婦&姪っ子が居たこともあり、ずっと穀潰しのように食って飲んで寝てを繰り返して体重が2kgも増えました。暇を見つけてリールの分解清掃や下巻きの調整などはしました。

次の週は妻の実家へ年始の挨拶と車の点検、残った一日は西風ビュービューで釣りにならず。

白馬岩岳スノーフィールドそして、13・14日は白馬へスキー旅行でした。

20日にはやっと初釣りができそうです。

ただ、ここのところ神様のいたずらが結構ひどく、竿を出せるタイミングに限って風が強いことが多いので、どうなることやら・・・このまま2月まで竿が出せないのか?2月の最初はフィッシングショーですから、連休まで出せない?

巡り合わせが悪いとは言え、ちょっとひどくありません?ねぇ?

チヌの釣果メニュー

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大知昭黒鯛塾

ページ上部へ